【エアタトゥー】イタリア空軍「フレッチェ・トリコローリ」のアクロバット飛行…RIAT 2018にて

フレッチェ・トリコローリを見るのは2016年のBray Air Displayに続いて2度目。このチームの素晴らしさについては以前、別の記事に延々と書きましたのでここでは割愛します。

以下、2018年RIATでの写真です。

機番がバラバラと言うのがイタリアらしくて面白いですね。

ソリスタは10番機でした。

まるで各機が見えない何かで固定されているかのように綺麗に揃って編隊でループします。

空がカラースモークでえらいことになっています。

その中を突き抜けてゆくソリスタ。

マイナスGでの上昇。

4+5機で描くハート。近くで見ていた人が”Apple?”と言っていたのが可笑しかったです。確かにそう見えますね。

4+5機とソリスタによる途切れることのない演技構成。素晴らしい。

テールスライドして落下!

お世辞にも高性能とは言えないMB-339ながら凄い機動を見せてくれます。尚、アエルマッキのサイトにはフレッチェの機材はM-345に更新予定と出ています。新機材ではどういった機動を見せてくれるのか?楽しみです。

Crazy flight!

そして最後の演技へ。

ここでBGMとしてパヴァロッティのテノールが流されて盛り上がります。

アナウンスでは「世界最大のイタリア国旗」と言っていました。

何度見ても感動のフレッチェ・トリコローリでした。

スポンサーリンク

シェアする