【エアタトゥー】イギリスの空を舞うサンダーバーズ (後編)…RIAT 2017にて

2017年RIATでのサンダーバーズ。前編からの続きです。

カリプソ!
良く見ると上の5番機パイロットは真正面を見て背面飛行し、6番機のパイロットが5番機を見上げています。

ボントンロール。

完璧にタイミングが合う時もあれば…

これは2日目。少々タイミングがずれることもあります。でも、これって後から写真を見て気付くレベルで、その場では良く分らなかったりします。

鬼クロス!

うわっ、ぶつかりそう。

どの程度まで観客にスリルを与えるかの許容範囲や匙加減は各国、各チーム毎にあるのでしょうね。

Max Gターン。7G以上掛っていそうです。

雨上がりだった2日目は困惑するほどのベイパー。これはこれで楽しい。

初日のみループ系の演技も一応実施しました。

本来ならこの辺でスニークパスしてビビらせてくれる筈ですがこの日6番機は欠席。平穏に眺めるだけでした。

再び鬼クロス!

アメリカンスタイルと言ったらこれですな。超密集エシュロン隊形。

この直後、5番機が左手からA/B全開で進入しドッカーンとスニークパス。勿論私もまんまと嵌まりました。いや、スニークパスっていっぱい喰わされた方が楽しいもんです。

ギアダウンしてゆっくりパスする4機の間を5番機が突き抜けてゆきます。

ダイアモンド隊形を保ちながら360度ターン。

直後に5・6番機がバーナーを焚きながらハイスピードパス。こういった各演技の繋げ方とめりはりの良さは流石です。

会場奥でジョインした6機がデルタ隊形でパス。

こちらは5機で飛んだ金曜日。1機抜けたらそれはそれで何とかする訳ですね。

6機揃ってパスした後、2回続けてブレイクを行います。

これは正面から見たかった。

散開した各機が戻ってきて会場上空をクロス。これでショーは終わったような雰囲気ですが…

5・6番機がリフレクションパス。ブルーだとコークスクリューに相当するシメの大技と言えるかも知れません。

1番機のランディング。Pさんが手を振っています。

お疲れ様でした! そろそろアジアツアーでお越しになることを期待しています。

スポンサーリンク

シェアする