【エアタトゥー】イギリスの空を舞うサンダーバーズ (前編)…RIAT 2017にて

2017年のRIATはアメリカ空軍創設70周年記念ということもあってか、大西洋を越えてやって来たサンダーバーズがショーの主役だったと言えるかも知れませ。私がサンダーバーズを見るのは2009年のソウルエアショー以来8年振り。久々に見たサンダーバーズのダイナミック且つスピード感溢れる演技に魅了されました。

2009年 ソウルエアショーでのサンダーバーズ

金土日3日間の内、金曜日は曇り空の所々に青空が覗いたものの、土曜日は雨が何とか上がった中でのフライト。日曜日も青空がちょっとだけ見えなくもない程度の曇り空だった為、結局金曜日の一部を除いてフラット系の演技が中心のローショーだったのは残念でしたが…

しかし、そんな状況だからこそ味わえた「感動」がありました。

土曜日は雨が降ったり止んだりする生憎のコンディションの為にキャンセルになったフライトもありました。バーズが飛ぶ予定の15時頃は、一応雨は止んでいたものの雲が垂れ込める空模様。そんな中、「シーリングの高さが展示飛行のギリギリなので1番機のキャプテンが飛んでフライトの実施可否を判断します」との会場アナウンスが入りました。

各機スモークチェックも終えてスタンバイする中、1番機のみが離陸。

観客が固唾を呑んで見守る上空を周回しコンディション確認する1番機。

暫くすると「キャプテンがフライト可能と判断しました!」とのアナウンス。会場は歓声に包まれます。

大盛り上がりの観衆の声援の中、待機していた2番機以降が次々にアフターバーナーを焚きながら力強く離陸してゆきます。半ば諦めていただけに、これは痺れました。

4番機だけ複座型で、ドロップタンクをぶら下げていました。

めでたくフライト開始。

以下、3日間の内に撮ったRIATでのサンダーバーズ。

グランドスタンド席より1~4番機のテイクオフ。A/Bを焚きながらの離陸は熱エネルギー感全開のメラメラ。

離陸後、急上昇する5番機。金曜日は何かトラブルがあったのか6番機は飛ばず、1~5番機によるフライトでした。

ローショーだった為でしょうか、土日は1~4番機の後、6番機、5番機の順での離陸でした。

ダイアモンド隊形で戻ってきた4機。やはり隊形が近いですね。

旋回しながらトレイル隊形で進入し、正面でダイアモンド隊形に変わります。縦からダイアに変わるところを見せるという意味ではブルーのチェンジオーバーターンに通じるものがあります。

その間にも5・6番機が背面飛行やらクロス、ナイフエッジパスを魅せてくれます。

5番機の機番が上下逆に描かれている意味が分かります。

心配になるほどクロスの間隔が近い。

ダイアモンドパス。

横一列に並んでパス。

ショーセンター辺りでスパッとスモークオフ。

猿も木からちょっと落ちます。土曜日は左端の3番機がスモークを出し忘れていました。他の場面ではちゃんと出ていたので故障ではなかったようです。

>後編に続きます。

スポンサーリンク

シェアする