【ファンボロー航空ショー】 ロンドンからの行き方やショーの概要など

2018年7月、RIAT/エアタトゥーに行ったついでに、翌週開かれたファンボロー国際航空ショーも訪れました。

ファンボローエアショーの概要

パリエアショーと同様に隔年開催される世界最大級の航空機・兵器のトレードショーで、パリは奇数年、ファンボローは偶数年の開催です。火~日曜日に掛けて開かれるショー期間の内、トレードデーは火~金、パブリックデーは土日です。

RIATのように軍用機が立て続けに機動飛行を行ったりはせず、見応えはそれなりだという評判を知った上で訪れたファンボローでしたが、実際に行ってみると入場有料のイベントだけあって意外に楽しめる内容でした。

尚、”Farnborough”の発音は”ファンボロー”ではなく”ファーンバラ”が近いようです。

エアショー会場の場所
Show Centre, Etps Rd, Farnborough

チケットはエアショー公式サイトから購入
 Farnborough International Airshow 2018
next time
https://www.farnboroughairshow.com/public/

公式サイトの前売りだと35ポンド≒約5千円でした。当日ショー会場での購入だと更に高く、50ポンド≒約7千円もします。

ロンドンから会場への行き方

ロンドンから鉄道1本でファンボロー駅まで行き無料シャトルバスに乗ればOKです。何ら難しいことは無く、わざわざ高いツアーなど利用する必要はありません。これはRIATも同様です。

まあ、それでもイギリスは初めてという方もいらっしゃるでしょうから、以下、ロンドンから鉄道&シャトルバスでの行き方を書き留めておきます。

Waterloo駅~Farnborough

Farnboroughへの列車はWaterloo駅から出るSouth Western Railwayを利用します。

Waterloo駅

私はこの駅から徒歩5分程度の所にあるPremier Innに泊まりました。ホテルからはテムズ川を渡ればビッグベンやウェストミンスター寺院へも徒歩圏内です。

自動券売機での切符の買い方

“A-Z dest…” 行き先のスペルを入力するボタンを押します。

FARNまで入力すると…

Farnboroughが出てきます。”Main or … North”と出てきますが気にする必要はありません。このボタンを押します。

週末なので一番安いOff-Peak・往復券のReturnを選択します。

このOff-Peakというのは平日のラッシュアワー以外のことで、路線やエリアによって色々複雑なのだそうです。”No restrictions at weekends.”ですので週末なら気にする必要はありません。

支払方法はクレジットカードを選択。

券売機右の端末でカード決済すれば完了です。

勿論、切符は窓口でも購入できますが時間帯によっては混雑します。

乗車方法

列車と停車駅が表示されている電光掲示板を見てFarnboroughに止まる列車を探します。

私はこの日、右から2番目の7:39発、Poole行きに乗車しました。Farnboroughまでノンストップで所要時間は30分程です。

尚、7:42発の列車もFarnboroughに止まりますが途中5駅に停車する鈍行です。これだと1時間近く掛ります。

改札を通って乗車。

普通車の車内。

トイレもあります。

トイレの注意書きが笑わせてくれます。『生理用品、ペーパータオル、ガム、古い携帯、未払いの請求書、ジャンクメール、元彼/彼女のセーター、希望、夢、金魚などを流すな』と書いています。

長閑な風景の中を走ります。

Farnboroughに到着。ヒコーキファンっぽいTシャツを着た人に続いて下車します。

シャトルバスでショー会場へ

駅から会場へのシャトルバス。無料です。

次から次に2階建てバスが来るので10分程待って乗車できました。

バスの車内。

ライトニングなどのゲートガードが見えたら会場に到着です。

入場の際にはⅩ線や金属探知機のセキュリティーチェックがあります。

持ち込み品の規制はそれほど厳しくありません。

液体物の持ち込みもOK。私の後ろに陣取っていた家族連れのグループは箱買いした大量の瓶ビールで昼から宴会やっていて私にも数本分けてくれました。

脚立の持ち込みですか?そんなものを遥々イギリスまで持って来るぐらいなら素直に有料のスタンド席を取りましょう。

2018年 ファンボローエアショー

以下、私が訪れた際の模様を3編に分けて書いたものです。

スポンサーリンク

シェアする