ニコン AF-S 18-300mm f/3.5-6.3G ED VRを1年使ったレビュー

前回のポスティングではAF-S 18-300mmの不具合を修理したことについて書きましたが、このレンズ、初期不具合はあったものの使い勝手・写りも中々良くて気に入っており、また、購入から1年近く経ったので、今回は私なりのレビューを記します。

ニコンもケチなものでフードは別売り。しかも価格は約3千円。

AF-S 18-300mm f/3.5-6.3の概要

ズーム倍率16.7倍、35mm判換算で焦点距離27-450mmという、一昔なら考えられなかった広角から超望遠をカバーする高倍率ズームレンズです。

10年近く前、AF-S 18-200mmを十分高倍率だと思いながら使っていましたが、今やタムロンに至っては16-300mmや18-400mmまでラインナップに有ったりして、技術革新の凄さを感じます。

== 懐かしのD300 + 18-200mm ==

それでいて18-300mmの実売価格は7万円代。私が前述の18-200mmを購入した際の価格は10万円をちょっと切る程度だったと記憶しており、スペック・価格共に隔世の感があります。

10年前のレンズと比較しても余り意味はありませんが、テレ端が200mmから300mmにUPしているのにサイズは殆ど変わらず、重量は10gだけですが軽くなっています。

AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED

寸法: 外径77mm × 長さ96.5mm
重量: 560g

AF-S DX Nikkor 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR

寸法: 外径78.5mm × 長さ99mm
重量: 550g

尚、ニコンにはテレ端がちょっと明るいAF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-5.6G ED VRというのもありました。サイズは外径83mm × 長さ120mm、重量は830g(!)、メーカ希望価格は約15万円という大柄且つ高価なレンズで、2012年の発売ながら既にディスコンになったという短命なレンズでした。

使用感

先ずは私なりに感じたポイントを列記します。

長所

  • 16.7倍はとにかく便利。レンズ交換を避けたいシチュエーションで有難みを感じる。
  • 絞り解放ではやや甘いかなと感じるが、少し絞ってやると「高倍率ズームにしては」という但し書きは不要なほど良く写る。テレ端でも悪くない。
  • VR=手振れ補正がめちゃくちゃ良く効く。体感的には私が今使っているレンズの中で一番。テレ端300mmでシャッター半押しにした瞬間、被写体がピタッと止まります。

短所

  • 最短撮影距離が0.48mと、やや遠い。
  • AFは速いとは言えない(遅いと言う程ではない)。
  • ズームリングのトルク感が一定ではない。
  • f/11辺りから回析の影響が現れ始める。それ以上絞っても極端に悪化することは無いがピリッとしない。・・・晴天でも絞り込むのはf/8~9程度に留めて使ってます。
  • 実害は無いものの質感はそれなり。距離計の表示窓も無く、高級感は乏しい。

以下、作例を交えながら

これが16.7倍の威力だ!

ワイド端18mm

上の写真左下、橋の辺りをテレ端300mmで撮影。暑い日だったので空気の揺らぎの影響も有り、解像感の参考にはなりませんが。

上の写真は先日、南フランス・グルノーブルで撮ったものです。旅先で、これほどのレンジを1本でカバー出来るのは非常に便利です。

ついでにグルノーブルでの写真をもう一枚。これは約100mmです。

旅先で気軽に撮ったスナップ

続いては昨年の晩秋、九州での写真です。

大牟田の炭鉱跡にて。

何れもf/8~11で撮りました。見たままの光景です。

コーティングはナノクリではありませんが、今までのところ妙なゴーストやフレアが出たことはありません。でも、この写真は露出オーバーですね。

105mmで絞り解放(f/5.6)。もうちょっとほんわりとボケて欲しい気もするものの、まあ、不満を覚えるほどではありません。

都井岬にて。

天然記念物の野生馬。

と、ここまではこのレンズが最も活躍しそうな旅先でのスナップを中心に載せました。

尚、飛行機写真については先日の記事に多数ありますのでリンクを貼っておきます。

どこまでデジタル補正しているのか?

一眼レフでズーム率16.7倍なんて一昔前には考えられなかった高倍率、さてはこいつ、カメラ内で思い切りデジタル補正しているんだろ?と、うちの近所で実験ショットを撮って観察してみました。

晴天でのワイド端。さぞかし周辺減光を補正していると思いきや…

先ずはJPEG撮って出し。

ヴィネットコントロールも含め、RAWデータの全てのレンズ補正をOffにしても意外と変わりません。

Capture NX-Dでレンズプロファイル補正を全てオフ。

但し、上の写真はf/9まで絞ったもので、絞り解放だともっと顕著に表れたかも知れません。

色収差ははっきり現れました。ご覧の通り右側が補正Offです。
柱の左側に紫、右側に緑の色滲みが現れています。

こちらは下が補正Offです。これも建物に紫と緑の滲みが出ています。

続いて歪み補正を見てみます。
身近に適当なものが無かったので汚い煉瓦の壁ですがご容赦下さい。

18mm

約60mm

105mm

300mm

テレ端よりも、むしろ中間域で強い糸巻き型の歪みが発生しているのは意外でした。

上の実験(?)はあくまで好奇心からやってみたもので、純正レンズならカメラ側で補正してくれるので実害はありません。しかしニコンの場合、シグマやタムロンなど、所謂サードパーティ製レンズの補正は非対応なので、特に、18-300mmより更に高倍率のタムロンの16-300mmや18-400mmならどうなのか?この手のレンズは利便性第一なので一度試してみたいものです。

お薦め出来るレンズですが…

ここまで色々書いた上でアレなんですけど、実は私の場合、このレンズの出番はそれ程多くはありません。キットレンズとしてD500と共に購入したAF-S DX 16-80mm f/2.8-4E ED VRの使用頻度の方が断然多いのが正直なところです。

改めてその理由を考えてみると…

  • やはり解放f値は明るいに越したことは無い。
  • 総合的に写りが勝っている(そりゃ一応”金の環”レンズなのでズーム倍率が全然違う18-300mmと差が無ければ困ります)。
  • 設定の自由度が高い。f/16程度までなら回析が気にならない。
  • 流石、キットレンズに設定されるだけあってD500との組み合わせでは手に持った感触やバランスが良い。また、ズームリングの回転にムラが無くてスムーズ、撮っていて気分が良い。
  • 16mm vs 18mm=たった2mmの違いでも広角端の差は大きい。
  • そもそも私が旅に出る際はエアショーを絡めることが多く、80-400mmか200-500mmも持って行くので、望遠は専らこれら2本で撮っている。

…といったところです。

18-300mmのVRはON/OFFのみでACTIVEモードはありません。ただ、前述の通り18-300mmのVRはとても強力で、個人的にはACTIVEが無いことで不便や不満を感じることはありません。

それでも旅や航空ショーには必ず持って行きます

その理由は…

  • 万一、望遠レンズにトラブルが起きた際のバックアップ
  • トレッキングなど、なるべく荷物を減らしたい状況
  • 旅先の空港ターミナル内からのスポッティング撮影
  • 雨天のエアショー:  一応ニコン純正のレインカバーも持っていますが、雨の中でデカい望遠レンズは出したくないし、そもそも雨の中でレンズ交換などしたくないので、コンディションが悪い場面では傘+タオル+このレンズで済ませます。

こんな方やシチュエーションにお勧めします

1. 初心者の1本目レンズとして

自分がどの辺りの画角を多用するかなんて最初は分かりませんよね。いきなり「うむ、ここは圧縮効果とボケを狙って望遠を…」などという初心者の方がいらっしゃったら貴方は神です。

高倍率レンズを使うと、シチュエーション毎に自分が多用する焦点距離や、拘りたいこと(綺麗なボケとか望遠での解像感など)が何となく分かってきます。私がまさにそうで、その後70-200mm f2.8や80-400mm、200-500mmなどを購入したりし、ニコンの売上に貢献することになったので危険とも言えますが。

尚、初心者は先ず単焦点レンズを使って云々という流儀・思想は… 言いたいことは分かるものの、私は賛同しません。

2. 運動会レンズとして

子供が小さかった頃、18-200mmは運動会レンズとして活躍してくれました。

初心者の方が1台目のデジイチを買いに量販店に行くと18-55mm+55-300mmなどのダブルズームキットを勧められ、「レンズ2本付きでしかも安い」と購入するケースがあります。

うちの職場の上司がまさにそうだったのですが、その後聞いてみたところ、「嵩張るし、レンズ替えるの面倒だし、何だかよく分からなくて結局殆ど使わなくなっちゃったよ…(苦笑)」とのことでした。こういう方、多いんじゃないでしょうか?

運動会って子供が走ったりしているのを撮るだけでなく、一緒に弁当を食べたり、友達とじゃれ合ったりしている笑顔を撮ることも醍醐味だと思います。

砂埃が舞うグラウンドでのレンズ交換? お父さん、細心の注意が必要ですよ。かと言って折角デジイチを持って行ってスナップはスマホってのは寂しいですよね。

余談

18-300mmの購入に際しフルサイズの28-300mmは下取りに入れました。

高倍率ズームを愛する私ですが手元に1本有れば十分、万能ナイフ的な道具と割り切りながらEnjoyしています。そして、FXの28-300mmから乗り換えてみて、高倍率ズームはフルサイズよりもDXやフォーサーズのようなフォーマットで使う方が軽快で楽しく感じます。

スポンサーリンク

シェアする