仁川空港の撮影スポット “ハヌル庭園”への行き方

晴天に恵まれた一昨日は久々に仁川空港へ飛行機写真を撮りに行ってきました。行った場所は以前当ブログに書いたことがあるハヌル庭園と展望台です。今回はハヌル庭園への行き方を紹介します。

以前訪れた際の記事

ハヌル庭園の位置
緯度経度で指定

尚、ハヌルとは韓国語で「空」という意味で、ハングルで書くと”하늘”、庭園は”정원”(ジョンウォン)です。

着陸する機内から撮ったハヌル庭園。地面に”하늘정원”と書いています。

ハヌル庭園への行き方

最寄駅は空港鉄道の空港貨物ターミナル駅(공항화물청사…”コンハンファムルチョンサ”)です。ソウル側から行くと空港第1ターミナル駅の一つ手前です。

改札を出て右に進むと左右に上がるエスカレーターがあります。右に上がれば無料の空港島内循環バス(공항순환버스…”コンハンスンファンボス”)があるのでそれを利用しても良いのですが、私は歩きながら着陸する飛行機を撮りたいので毎回徒歩で行っています。普通に歩けば20分ちょっとの距離です。

徒歩で行く場合は左側のエスカレータで地上に出ます。

地上に出たところです。右に進みます。

50メートルほど歩くとT字路に突き当ります。

T字路を左に曲がり少し歩きます。

その先にコーナーブロックが置かれている左カーブがあります。

このカーブ地点からは車道沿いではなくサイクリングロードを歩きます。柵とミラーが見えている先がサイクリングロードです。

ここからはひたすらサイクリングロードを進みます。途中に分岐などは無いので迷うことはないと思います。

途中、約70mmで撮ったものです。

途中の橋にて。この角度から望遠で狙うのも面白そうですが、すぐ横に監視小屋のような施設があるので避けた方が良さそうです。

それと、監視小屋横の汚水処理施設らしきものが異臭を放っています。ここは早く通り過ごしましょう。

滑走路の塀に平行したサイクリングロードに沿ってひたすら歩きます。

最後の長いストレート。

約100mmで撮影。

同じポイントから約50mmで撮影。

これも最後の長いストレートを歩きながら撮ったものです。18-300mmのテレ端+少しトリミングしたものなので35mm換算だとざっくり500mm相当です。

この先の横断歩道を渡れば到着です。左端に小さく写っているのが展望台です。

展望台やトイレ施設など

展望台

展望台上からの眺めです。
右端にが一つ上の写真に写っている小屋、写真左下あたりが横断歩道です。無料循環バスの停留所はその更に少し左側にあります。

右端に写っているのが循環バスです。

トイレ

庭園内に有るにはあるのですが、前回来た際は酷く汚れていて、今回は改装工事のため閉鎖されていました。

でもご安心下さい。200メートルほど後ろの駐車場側に別のトイレがあります。こちらはそこそこ綺麗で、クラッシック音楽まで流れていました。

尚、ここの駐車場は空港関連の従業員専用で一般人は利用できません。

売店などは?

自販機も何もありません。買い物は駅のコンビニ済ませることをお勧めします。

ハヌル庭園の景色

花の名前に疎くて名前は分かりませんが、黄色い花が丁度満開でした。

無理やり飛行機と絡めて撮ってみました。

レンズについて

この日はD850+80-400mmと、超望遠用としてD500+200-500mm、それと万能用として18-300mmを持って行きました。

展望台から80mmで撮った747。

737なら余裕で全体が収まります。

一方、D500のテレ端(FX換算750mm)だと何とかランディングが狙えます。まあ、この日は陽炎がバリバリだったので証拠写真程度ですが。

こちらは着陸進入してくる3機をテレ端で撮ってみたものです。

次の記事ではオソン山展望台への行き方を紹介します。

スポンサーリンク

シェアする