大阪~名古屋へ…青春18きっぷの旅

名古屋から北陸経由の乗り鉄を楽しんだ2012年末、18切符が1日分余っているので、年明けの帰省Uターンは私だけ東海道線で戻ることにしました。家内と、我々より一足早くおばあちゃん家に行っていた娘は近鉄アーバンライナーのデラックス車で優雅にお戻りだそうで、ここは私だけの一人旅です。

大阪~米原

うちの実家は御堂筋線沿線なので最寄りの東海道線は新大阪駅だが、新大阪からだと良い席に座れないかも知れないので、大量下車するであろう大阪で狙った席を確保するという戦術で一旦尼崎に行って新快速に乗車した。

尼崎にて。昔はローカル色の濃かった片町線も東西線が繋がったことで今や関西アーバンネットワーク主要路線の一つである。

乗ったのは14:47尼崎発の米原行き快速。

米原までの長時間乗車なのでトイレのある12号車に乗車した。
この時、改札の若い駅員さんに、トイレがあるのは何号車か聞いたら1号車とのことで1号車に向けて歩いていたら、さっきの駅員さんが息を切らせながら追いかけてきた。曰く、「すんません、逆でした。一番後ろの12両目です。ハァハァ・・・」とのこと。丁重に礼を言って12両目に乗車した次第。

大阪駅にて。ここで無事に進行方向の窓側席を確保。

大阪を発車。

淀川を渡る。

吹田の貨物ターミナル。
私が子供の頃は巨大な操車場があって親父に連れて行ってもらった記憶があるのだが、すっかりコンテナ扱いに特化した施設に様変わりしていた。

明治製菓の社屋。

外壁はチョコレート。

京都に到着。かなりの乗客が下車していった。

近江平野の長閑な田園風景。

安土城跡。

この山の上に天守閣が建っていたとは思えない。

この辺りまでは晴れだったのだが段々雲行きが怪しくなってきた。

彦根で雪が降り出した。

高い塔が見えるのはフジテックのエレベーター工場。

新幹線の高架が見えてきた。米原に到着。

米原でJR東海の新快速に乗り換える。ホームにまで雪が吹き込んでくる状況でカメラが濡れそうになり、乗り継いでいる間に写真を撮る余裕など無かった。

米原~名古屋

米原では無事席を確保できた。これで名古屋まで座って行ける。

電車区を見ながら米原を発車。

関が原に向けて勾配を登ってゆく。

新幹線を跨ぐ。

関ヶ原にて。

雪混じりの滴が窓を流れる。

大垣も雪だった。

この辺りで日が暮れた。走る車内からの撮影も限界なので写真はここまで。

そして名古屋に帰還。

名古屋到着後は、アーバンライナーで後から大阪を出たカミサン&娘と名古屋で合流し、駅地下の居酒屋で一杯飲んで帰宅しました。

スポンサーリンク

シェアする