高山本線・北陸本線 青春18きっぷの旅④ 富山→金沢→福井→敦賀→大阪

名古屋から高山、北陸回りで大阪に向かう乗り鉄の旅、2日目です。

前回の記事

本日の予定

富山8:36発==>金沢9:33着/10:00発==>福井11:18着/12:00発
==>敦賀12:58着/13:23発==>新大阪15:23着==>御堂筋線で実家へ帰省

朝の富山

朝食はホテルのバイキング。昆布締めや桜海老のマリネ、名前は忘れたがシシャモに似た地魚の干物などもあって満足度が高い。そして流石は北陸、何より米が絶品だった。

ホテルから富山駅までは徒歩7~8分程度。駅に向かって歩いていると上空に飛行機の気配を感じ、鉄道以上に航空ファンである私は反射的にカメラを空に向けた。ま、証拠写真ですが。

富山駅前

越中富山の薬売り。

富山駅前の停留所。

駅の写真を撮ろうとしたら先客が居た。

構内に入ると大阪方面行きのトワイライトエクスプレスと遭遇。

富山~金沢

この日、先ず乗車したのは富山8:36発の金沢行き。

発車するとすぐ神通川を渡る。

暫くの間、北陸新幹線と並走する。

左側の車窓には平野と山脈の景色が続く。

小矢部の市街地を過ぎた辺りから山地を登る。結構な勾配だ。

平安末期に源平が戦った倶利伽羅峠。

山地を抜けるとまた平野を淡々と走り、金沢に到着。

高架で金沢車両区の線路を越えて金沢駅に入線。

金沢駅にて。
何故か中間車両のヘッドライトが点灯されていた。

次に乗る福井行きは10:00発。30分ほどあるので一旦改札を出る。

構内の立ち食いうどん屋で和風ラーメンなるものを食べる。普段なら特段旨いと思わない平凡な味だが、朝食が6時過ぎだったので小腹が空いていたことと、やたらとあっさりした味が朝食べるのに丁度良かったので悪くなかった。

金沢~福井

ホームに戻り…

福井行きに乗車。北陸本線とは言えここからはローカル区間、列車は2両編成だった。

この区間は海沿いを走る訳でもなく、車窓からの景色は特筆するようなところは無かった。

北陸自動車道を走る時に見慣れた地名が続く。

「美川、県一のまち」などと書いた看板が北陸道沿いにありましたなぁ。
市町村合併で白山市になったからだろうか、昨年北陸道を走った際にはあの「美川県一」看板は姿を消していた。

芦原温泉では降車する乗客が多かった。

11:18、福井に到着。

福井~敦賀

次の敦賀行きは12時ジャスト発。

発車20分程前に入線してきた2両編成の敦賀行きに席を確保できた。カミサンに席をキープしてもらい車両の写真を撮る。

シートはボックス席でなく簡易転換式のクロスシート。

敦賀までは交流電化区間なので交直両用型の521系だ。車両鉄としては交直両用型というのは何か惹かれるものがある。

福井鉄道を横に見ながら発車。

眼鏡の街、鯖江市。

今庄にて。

今庄を発車するとすぐに北陸トンネルに入る。全長約14kmもある長大なトンネルは途中で不安になるくらい長かった。

北陸トンネルを抜けると敦賀に到着。

敦賀駅にて。

敦賀駅前。

敦賀~新大阪

この日最後に乗るのは湖西線経由の新快速。姫路行きなので快速列車としてはかなりのロングランである。

この時、既に廃止になっていた急行きたぐにの乗車位置案内が残っていた。

敦賀を発車すると米原への北陸本線と少し並走する。

トンネルを抜けると北陸本線は左に離れてゆく。

湖西線に入ると琵琶湖が見えてきた。

敦賀から近江今津までは4両編成(だったと思う)。ここで10分ほど停車して8両(だったと思う)を増結し、都市間列車らしい大編成になる。

近江舞子あたりだったかな、琵琶湖沿いに走る区間。

『5秒ルール』とは??
調べてみたところ、線路に立ち入って作業などを行う場合、5秒毎に無線で「異常無し」と作業員に交信しなければならないというルールだそうです。

京都の手前にて。

京都駅に停車。奈良線の103系が見える。

近鉄を見ながら京都を発車。

向日町運転所。

懐かしい国鉄色の特急車両。エアコンユニットが屋根上に無いのでこれは381系ですな。

こちらは485系だろうか。

新大阪に到着。 我々は御堂筋線に乗り換えるのでここで下車。

智頭急行のディーゼル特急を見掛けた。

2日目の富山~大阪は朝8時台出発で15過ぎには到着するし、車両も概ね新しくてシートの座り心地も良いので全くと言っても良いほど疲れなかった。

☆  ☆  ☆

以上が2012年の年末、北陸回りで名古屋から大阪に帰省した記録です。夫婦揃って全区間で座れたし、高山本線の美しい雪景色を見たり、富山では日本海の海の幸を堪能したりと、大満足の旅でした。

因みに、名古屋への帰りは青春18きっぷが1日分だけ余っていたので私だけ東海道線快速で戻りました。これについては次の記事に書きます。

スポンサーリンク

シェアする