ニコンD850購入…ついに買っちゃいました。今回も免税で。

発売以来品薄が続いていたD850ですが、先日一時帰国した際に漸く手に入れました。ニコンが生産量を無理に増やさないこともあるのでしょうけど、35万円もする4575万画素のハイスペック機の販売が発売後半年経っても絶好調とは凄いことです。

実は前回、12月に一時帰国した際に買おうとしたのですが、その時点でマップカメラに問い合わせたところ大体2か月待ちとのことでその時は断念しました。今回は1月下旬に予約したら2月20日頃に入荷の連絡があり、取り置きをお願いして無事購入した次第です。

如何に安く買うか?— 海外在住者の特権、免税で購入

以前D500を購入した際(以下リンク)と同様、今回も免税で購入しました。


今回はD850だけでなくタムロンの24-70mm F2.8、そしてソニーのサイバーショットRX100M3の中古品も購入したので税込みでの合計購入額は50万円オーバーという大きな買い物になりましたが、免税手続きにより4万円近くの消費税を節約できました。また、D850購入によって不要になるD750をはじめ、断舎利も行いました。

買ったもの・売ったもの…最終的な支払い額は15万5千円

今回買ったものと売ったものを表に纏めてみました。

マップカメラの特典を活用して納得のゆく買い物が出来たと思います(拙者、マップカメラの回し者ではありませんよ)

1. 買取り優待クーポン(3%UP)

買い物する毎にくれるもので(通販購入も含む)、機材を買い取りか下取りに出す際に通常の買取価格に3%上乗せしてくれます。私は今回、カメラとレンズ計5点を下取りに入れましたが、1点につき1枚ではなく買い取り品が何点でも1枚/回でOKです。有効期限は無く、現在うちには6枚溜まっています。

2. 下取り優待(通常10%UP、今回は15%UP)

単純な売却で無く下取りの場合、通常の買取金額に対し10%上乗せしてくれます。更に今回はキャンペーン中とのことで15%UPでの買い取りでした。ラッキー。尚、キャンペーンは年度末の3月なので実施中なのか尋ねてみましたが、特に決まった時期にやっている訳ではなくて新製品が多く出たタイミングなどで不定期にやっているとのことでした。

3. ワンプライス買い取り

これは買い取り金額自体の優待ではありませんが、マップカメラの”ワンプライス買い取り”対象品は『正常動作品で修理・調整・部品交換の必要がない商品は当社定額買取価格で買取いたします』ということで、小傷や使用感がある中古品でも同社のサイトに出ている金額通りで買い取ってくれます。

逆に言うと新品同様品もくたびれた中古品でも同額で買い取りということになりますが、あれやこれやと理由を付けて減額されるよりもスッキリするので私は気に入っています。今回私が下取りに入れた5点は全てワンプライス対象品でした。

マップカメラのリンクを貼っておきます。マップさん、宣伝代下さい(笑)

下取りに入れたアイテムと理由

 
売却品1…ニコンD750

→ D850を買ったので必要性が無くなりました。また、D500と一緒に使っているとD750のシャッター音や操作系に(相対的にですが)安物っぽさを感じたのも正直なところです。尚、下の写真の24-120mmレンズはD800E使いの義兄に譲り、今も活躍中です。

売却品2…AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)

→ D300とほぼ同時期に買ったので2007年末に購入したものだったと思います。質感や操作系の感触、今や貴重なライトグレーのカラーなど、気に入っていました。しかし何ぶん2003年発売の古いレンズ、最近の高画素機で使うと特に周辺画質に不満を感じるようになってきました。

また、生産終了から10年近くになり、今後の超音波モーターやVRのメンテや修理に不安を感じるようになったりもしたので、そこそこの値段で売れる今の段階で手放すことにしました。

ライトグレー塗装の仕上げや質感、操作の感触は申し分ありませんでした。思い出に残るレンズです。

売却品3…AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G ED

→ 昨年2月に中古品を11万円で購入したものです。写りは申し分無かったもののサイズが…。使って分かったのですが、重さはともかく、私のがこのクラスのレンズとして考える基準としては長過ぎました。

ボディーに付けたまま私のカメラバッグに入れると何とも窮屈で、持ち出すのが段々億劫になっていました。今回、上述の買い取り優待を含めると98,729円で売れたので差額は使用料と割り切って躊躇なく売却しました。


Photo: Nikon Imaging Japan

売却品4&5…Nikon J5 + 1 Nikkor VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM

→ 通勤鞄に放り込んでおいてスマホのカメラでは物足りないシチュエーションで活躍してくれました。RAWでの記録も可能で、また、10-30mmレンズもこの手の小型ズームの割には良く写るので気に入っていました。

しかし、30代半ばから始まった老眼がこのところ悪化の一途を辿っていて背面液晶のみで撮るのが辛くなってきたこと、それと、どうやらニコンは1マウント機の開発を放棄したようなので最早このシステムに拘る必要は無く、今のうちにドナドナすることにしました。


Photo: Nikon Imaging Japan

 

D850の第一印象

直近まで使っていたFX機であるD750は840g。これに対しD850は1,005g。その差165gなので、やはりそれなりにずっしり感はあります。

ただ、今回同時に購入したタムロン24-70mm f2.8とのバランスが良くて、使っていて「重たいなぁ」とまでは感じません。むしろ、今回売却したAF-S 24-70mm f2.8とD750の組み合わせの方が全体のバランスというか重心位置が私の感覚に合わなかったようで、妙な重量感があったように思います。

正面からの形は「なで肩」で、ちょっと”ジャミラ”っぽいキヤノン的なテイストも感じます。

D500と並べてみました。

ニコンD50から始まった私のデジイチライフ、ついにDX・FXフォーマット機として最も尖がった2機種を持つに至りました。D500に付けているレンズは16-80mm f2.8-4.0で、キットレンズとして購入したものです。手に馴染む大きさで写りも良く、散歩の供や旅レンズとして気に入って使っています。

やはりフォーマットサイズの違いを感じるのがペンタ部分です。プリズムの大きさが違うので高さと形はかなり異なります。

操作系のレイアウトはD500と全く同じです。D500からISO感度設定ボタンが右手のシャッター側に移って最初は戸惑いましたが、使い慣れると合理的な変更だと実感しています。

これもD500同様、ボタンにもイルミネーターが付いています。最初は別にここまで光らせなくても、と思ったりもしましたが、意外に重宝しています。

上面液晶の表示項目はニコン上級機に共通のものです。

こちらはD750。ボディーの厚みを極力薄くすべく縦寸法を抑えたかったのだと思いますが表示項目がかなり簡略化されています。詳細はinfoボタンを押せば背面液晶で確認できるものの、画質モード(RAWやL Fineなど)の表示が無くて設定を瞬時に確認できないのが不便でした。

ニコン高級機の証とされる丸型アイピース。個人的にはメリットもデメリットも特に感じないまま意識せずに使っています。キヤノンなどはEOS-1Dのような最上級機でも角型なので、角型にファインダー自体の機能面でデメリットがあるという訳では無さそうです。

やはり有れば便利なチルトモニター。モニターは勿論タッチパネルです。

メモリーカードはSDとXQDのデュアルスロット。XQDカードはD500用に128GBを2枚と64GBを1枚(共にレキサー製)持っていて、航空ショーでの連写はXQD、それ以外はSDという風に使い分けています。尚、レキサーはXQDだけでなくメモリーカード事業自体から撤退するとのことで、当面ソニーしか選択肢が無いのが不安です。

バッテリーの型番がD850からEN-EL15aになり、色がグレーに変わりましたがD750やD500用の黒いEN-EL15と共用できます。但し、D500発売時に問題になったように、黒い方でもLi-ion01と表示があるものは放電特性が異なっていて、D500で使用すると撮影は一応出来ますが数十枚撮っただけでバッテリー切れになります。

Li-ion01をD850に使用すると如何なのかは不明ですが、D850から型番も変えてきたことからD500同様の問題が生じるのではと思います。

 

D850+タムロン24-70mm f2.8 G2での撮影例

韓国に戻る前に日本に住む娘と合流して北陸方面に行きました。未だ本格的に撮っていない段階ながら取り敢えず数ショット載せておきます。

五箇山の合掌造り集落での1枚、JPEG撮って出しです。

↓上の写真の真ん中の家屋を等倍でトリミングしたもの。絞り優先でf/8、ISO: 100、S/Sは1/400secです。

優しい甘さが旨かった胡桃餅のぜんざい。これもJPEG撮って出しで絞りは解放です。

東尋坊にて。

先ずはJPEG撮って出しです。純正レンズ以外はボディー側からのレンズプロファイル補正が無いこともあり、水平線がょっと凹形に歪んでいます。

上の写真のRAWデータをLightroomで、船越さんの2時間ドラマをイメージしながら(笑)編集してみました。Lightroomのレンズプロファイルを適用して歪み補正しています。RAWデータのサイズはこの写真で51MBもあります。

以上、先ずは購入の顛末と第一印象でした。

こちらソウルも暖かくなってきて昨日はD850を持って郊外の山へトレッキングに行ってきたりしたので、ある程度使用したタイミングで改めてレビュー的な記事を書くつもりです。

スポンサーリンク

シェアする