高速船ビートル号乗船記①…釜山から博多まで3時間の船旅

先々週、ちょっと時間を取れたので新田原基地航空祭を見がてら九州に行ってきたのですが、今回はちょっと趣向を変えて、釜山<==>博多間に就航している高速船ビートルを利用してみました。

高速船ビートルは “ボーイング929”

航空機メーカであるボーイングが元々は軍用に開発した高速船で、船の下に装備されている翼によって航行時は船体が浮上して水の抵抗を減らして高速航行を可能にする、所謂「水中翼船」です。

下の写真は今回門司の九州鉄道記念館を訪れた際に上映していた画像を写真に撮ったものですが、船体が浮上している様子が分かります。

船体はアルミ製で、エンジンは普通の船では一般的なディーゼルではなくガスタービンエンジン、荒っぽく言えばジェットエンジンの一種です。

旅客機の777や787など、ボーイング製飛行機と同じように”929″という三桁の機種名が付けられています。つまり、ボーイング929です。尚、日本で運行されているのはボーイングとのライセンス契約に基づいて川崎重工が生産したものです。小生、飛行機マニアですので、今回はこの「ボーイング929」に乗ってみたくて船のルートを選びました。

JR九州のビートル号サイトです。

先ずは釜山へ

先ずはKTXで釜山に行かねばなりません。ビートルの釜山発が14:00ですので余裕を持って12:00頃には釜山に着く列車を利用しました。

ソウル駅にて。

奮発して特室(グリーン車に相当)を利用しました。ネットで早目に購入すれば差額は2万ウォン(≒2千円)ちょっとなのでプチ贅沢した次第です。

KTXの良いところは手荷物置き場があることで、日本の新幹線も見習って欲しいものです。今回は日本で色々買い出しをしたいこともあって大型のスーツケースを持って行ったので助かりました。尚、KTXでは特室ではない普通車(韓国式に言えば一般車)にも荷物置き場は有ります。

ソウル駅のコンビニで買っておいたおにぎりと、お~いお茶で朝食。既に気分は日本です。

車内モニターではニュースを上映。パク・クネ大統領問題の話題というのが笑えます。

釜山に到着

うとうとしている間に釜山に到着。2時間ちょっとの短い乗り鉄です。

釜山駅にて。

私が乗ったのは仏アルストム社のライセンスに基づいて現代ロテムが韓国で製造した車両だったようです。

釜山フェリーターミナルへ

釜山駅からフェリーターミナルへはシャトルバスも出ているようですが徒歩でも行けます。10分程度の距離なので私は歩いて行きました。

緯度経度で指定

釜山駅のフェリーターミナル側。

フェリー旅客ターミナルビル。何か煙ってますがオッサンが何やらゴミらしきものを燃やしている煙です(恐らく違法)。韓国第二の大都市中央駅、そのすぐ近くで野焼きって…

ターミナルビル3階の出発エリア。各社のチェックインカウンターが並んでいます。

14時の出発に対しチェックイン開始は12:30からだったので、先ずはターミナル内の食堂で昼メシを食べました。

食べたのは재첩국(ジェチョプグク=シジミ汁)定食。

以前一度釜山で食べたことがあって、かなり旨かったので同じものを食べてみましたが、ここのはシジミの量も少ないしコクも足りないし、余りお薦めしません。

食後は展望デッキに出てみました。これがビートル号です。近年悲惨な大事故があった韓国の船に乗るのは躊躇しますが、ビートルはJR九州が運航しているので安心できるでしょう。

こちらは釜山<==>対馬を結ぶオーシャンフラワー。

釜山港大橋。2014年に開通したそうです。

釜山で出国~搭乗

そろそろ出国します。

出国前には空港と同様のセキュリティーチェックと出国カウンターがあります。写真撮影は禁止なのでここは文章のみです。手順は飛行機と同じですが、スーツケースはチェックインするのではなく自分で船内に持ち込みます。

制限エリア内の雰囲気も空港とよく似ています。

免税店もあり、品揃えもまずまずですが、私が愛煙してるメビウス1mgメンソールはありませんでした。仁川や金浦空港にも無いので、残念ながら韓国では売っていないようです。

喫煙室はありました。

搭乗ゲート。

スーツケースをゴロゴロ引っ張って船に向かいます。

関釜フェリーのはまゆう。夜出航して朝到着するスケジュールで運行しています。

でかい荷物を持って乗り込む人もいます。因みに手荷物の重量制限は20kgです。私は大型のスーツケースを持っていたのですが、チェックインの際にしっかり重量を量られました。

出航~博多

船尾の棚に荷物を置いて着席すると、シートベルトを締めるように指示されます。過去に流木や鯨と衝突し、その衝撃で負傷者が出たことがあったようです。

エンジン始動の際には”キュイ~ン”とジェットエンジンっぽい音がして気分が盛り上がります。

離岸の際には係員が手を振って見送ってくれました。

釜山港大橋の下をくぐります。

この辺りで既に速度を徐々に上げていたようですが、いつ船体が浮上したのかは気付きませんでした。

アジア有数の貿易港である釜山、ガンドリークレーンが並んでいます。私は長年貿易の仕事に携わっていたのでこういうのを見ると萌えます。

大型クルーズ客船が接岸していました。

外洋に出る頃には既にほぼ巡航速度に達していたようですが、エンジン音はずっと静かで揺れも少なく、淡々とした感じでした。

普通席の様子。船内ではワゴンで乗務員のお姉さんが巡回して飲み物や食べ物、免税品を販売します。私は水を一本買っただけですが、水一本は100円、350ccのビール1本は150円でした。国際航路の船内は免税なのでビールは安いですね。

韓国語の単語集でちょっと勉強したり、居眠りしたりするうちに福岡に到着しました。

後ろに見えるのは博多ポートタワー。

この日は天候が良い方だったのか、乗り心地はとても良かったです。70km/hちょっとの速度で航行していたようですが、舗装の良い道路を70~80km/h程度で走るバスに乗っているような感じでした。たまに波のうねりを超える際にふわっと上下する感覚もありますが不快感を覚えるほどではありません。面白いのは航行中に旋回する際で、飛行機やバイクのように船体が旋回方向に傾きます。

帰路の博多==>釜山編に続きます。

スポンサーリンク

シェアする