金浦空港のアシアナ航空ラウンジ…ANA羽田便もこのラウンジ

2001年の仁川空港開港後、一時は国内線専用になった金浦空港ですが、近年は羽田や関空、中華圏では北京、上海虹橋、台北松山を結ぶ便が多数運行されるようになったのはご存知の通りです。

私もよく利用していますが、やはり仁川よりもソウル市内からのアクセスが良く、また、今住んでいるシンドリムからはタクシーでも2万ウォン台で行けるので便利です。

今回は金浦空港のアシアナラウンジをご紹介します。

大韓航空、アシアナ共々、ラウンジはこの写真の右奥にあります。

そうなんです。出国ゲートが写っているのでお分かりになるかと思いますが、ここのラウンジの難点は、ラウンジがセキュリティーチェックと出国手続きより前の制限エリアの外にあるのでボーディング時間ギリギリまでラウンジで寛げないことです。ですので、私は遅くともボーディング時刻の20分前にはラウンジを出るようにしています。

※2018/11/7追記
改装工事か完了し、ラウンジは制限エリア内に移転しました。

国際線ビールの2階、突き当り右奥にあります。

大韓航空のラウンジとは隣り合わせです。私はスタアラ派なのでこちらは入ったことがありません。JALはワンワールドですが、昔から大韓航空とは協力関係があるのでこちらを使います。

それと、この写真を見て気付いたのですが、Air ChinaはスタアラメンバーながらアシアナではなくKALのラウンジを使うのですね。

アシアナのラウンジに戻りましょう。ANAの看板もあります。

可もなく不可も無く、ごく普通の雰囲気です。

PCコーナーもありますが、今や皆さんスマホを持っているので利用する人は殆ど見掛けません。

私が利用した経験のある中で比較すると、食べ物・飲み物はセントレアのANAラウンジ程度、つまり、必要最小限のレベルです。

サンドウィッチとかピーナッツ、あられとか…

インスタントラーメンなど。

辛ラーメンと、揚げ入りうどん。

左上から順に、ビール、ビタミンドリンク、オレンジジュース、トマトジュース、トウモロコシ茶、牛乳。

私は朝利用することが多いので、大抵はオレンジジュースとサンドウィッチで済ませます。

滑走路と反対側に面しているため飛行機は見えません。

日経からスポーツ紙まで、日本の新聞も各種あります。

Samsungの湾曲ディスプレイTVはここで初めて見ました。

航空ファンを泣かせてくれる「全日空」ロゴが入った747-400の模型。

アシアナの模型もA380ではなく747です。

拙者、ANAのスーパーフライヤーズ会員=一応スタアラのゴールド会員です。

ラウンジを利用できるのもメリットではありますが、日韓路線は免税品を買い込んだ搭乗客も多く、優先搭乗して手荷物をいち早く自分の席の上に収納できることに有難さを感じます。

私が搭乗後に一般搭乗したお客さんの荷物が自分の席に近い棚に入りきらず四苦八苦している姿をちょくちょく見掛けます。

スポンサーリンク

シェアする