韓国空軍アクロバットチーム・ブラックイーグルス in 忠州基地

少し前のことですが、2016年6月25日、忠清北道の忠州(チュンジュ)空軍基地で行われたイベントで展示飛行を行ったブラックイーグルスを撮ってきました。D500でアクロバット飛行を撮るのは初めてです。

冒頭に青空バックの写真を載せましたが実際はほぼ雲に覆われ、所々に晴れ間が覗く程度でコンディションはイマイチだったのは残念でした。ブルーインパルスであれば第3区分でのフライトになったかも知れません。実際、バーティカルキューピッドではスモークでハートを描く様子が殆ど分からず、観客はボーっと静かに見ているだけでした。

この日は空はこんな感じでした。

尚、後日晴天のソウルエアショーでブラックイーグルスを楽しむ機会に恵まれました。以下リンクの通りです。

忠州でのブラックイーグルス

リモートでのフライトでした。オープニングは観客後方から編隊でのフライバイ。

前半は隊形を変えながら、8機編隊での飛行が続きます。

やはり10コマ/秒の高速連写が可能なのでクロス系の演技も余裕で撮れます。ただ、久々のAPSフォーマットでの撮影、ビビッてワイド気味に撮ってしまいました。次回はもっと寄って撮ります。

この日使ったレンズはAF-S 80-400mmです。

会場左手から進入する5機のスモークに向かってソロの1機が突き抜けてゆく演技。

このショットはカミサンがV3で撮ったものです。

サンダーバーズばりの密集隊形。

高速連写

バシバシ高速連写してみました。最初の1枚から2枚目の間は一瞬躊躇して間が空いたようですが、あとのショットはシャッター押しっ放しでの連写です。

D500の連写性能も凄いですが、一瞬の間にこんな機動を行うパイロットの技量も凄い。

初めてD500でアクロバット飛行を撮ってみた感想

D500のAF性能と高速連写性能を堪能しました。また、D300を初めて使った時と同様の「時代が一つ進んだ」という感慨を覚えました。

取り敢えずシャッター速度優先で1/1600sec(何となく無難かとこの設定)、絞りは概ねf/8前後でしたが明らかにピンボケとかブレブレのショットはありませんでした。ただ、私がD800Eに慣れてしまっているのでD500の速写力と久々のAPS-Cの画角に慣れる必要性を感じました。

スポンサーリンク

シェアする