ヘンリー・フォード博物館訪問記⑤…グリーンフィールドビレッジ

ミュージアム奥のGreenfield Villageという広大なエリアには歴史的な建物や産業遺産が動態保存されています。アメリカ版の明治村といったところです。

ゲート横に立つヘンリー・フォードの銅像。

園内は19世紀後半から20世紀初頭にかけてのアメリカの街並みや農園が再現されています。

その街並みを行き交う馬車やオールドカー。勿論、体験乗車できます。

バタバタと長閑な音を出しながら走る乗り合いバス。それにしても、公害対策を全くしていない古いクルマの排ガスはとても臭くて、現代の車が如何にしっかり排ガス対策されているのかを実感します。

フォード創業当時の社屋を移築したものです。

エジソンの電球。

こちらはオハイオ州デイトンでライト兄弟が営んでいた自転車店、”WRIGHT CYCLE CO.”を移築したものです。

おじさんが親切に説明してくれます。

製作途中のライト・フライヤー号。

ガラス店では実際に職人が吹きながら何やら製作中でした。

園内を一周する鉄道。

駅は4つあります。

転車台を備えた立派な機関区。

中ではSLや客車のレストア作業が行われています。

グーグルマップを見たところ、線路は近くを走るアムトラックに繋がっており、館内に展示されていた巨大なSLなどもその線路を経て搬入されたようです。

最後に

結局5編に亘って紹介したヘンリー・フォード博物館。私は出張の合間、細切れに3回訪れてやっとほぼ全部見れたかな?といったところです。行かれる方はポイントを絞って観覧するか、時間に余裕があるなら朝の開館から閉館まで丸一日過ごすことをお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする