【試乗記】プジョー308CC…オープンカーをイギリスでドライブ

昨年11月に訪れたイギリスでは主にレンタカーで移動しました。車種はプジョー308CC、1600ccノンターボのMT仕様でした。AVISレンタカーのサイトで予約する際に車種を指定し、ロンドン・シティ空港で借りたものです。


普通のハッチバックをベースにクーペカブリオレ(CC)化した車ですが、中々スタイリッシュに纏まっています。

フォグランプの周りには最近流行のLEDスモールランプが付いています。

室内の質感は悪くありません。一昔前までフランス車の内装と言えば安っぽいというのが相場でしたが、随分立派になったものです。

元々がファミリーカーベースなので後席もそこそこの広さはあります。しかし、屋根を占めた状態だとルーフというかリアウィンドウに頭が当たるため、長時間を大人が3~4人でドライブするのは無理がありそうです。オープン状態だとルーフに頭は当たらないので(オープンなので当然ですが)後席でも窮屈では無さそうですが、風がビュービュー当たって後席だと目が痛いことでしょう。

前席はオープン状態でも100km/h程度なら風の巻き込みは少なく、快適にドライブできます。また、11月のイギリスは冬の入り口で朝は氷点下まで下がるような寒い日もあったものの、ヒーターは良く効くし風の巻き込みも許容範囲なので、雨が降らない限りトップを開けて走りました。

ただ、フロントガラスの角度がかなり寝ていて頭上に近いため、トップを開けても解放感は今一つです。

借りた車には純正のビルトインナビが付いていて助かりました。お陰で、スマホで何とかするつもりで持って行ったホルダーは使わずに済みました。

また、この写真ではメーター中央の液晶に燃費などを表示していますが、交差点やラウンダバウト(ヨーロッパに良くあるロータリー式交差点)に差し掛かると進む方向をナビと連携してメーター中央に表示してくれるので、不慣れな環境では有難かったです。

エンジン、というか、パワートレインは正直なところ誉められたものではありませんでした。借りた車は1600ccのN/Aエンジン(120ps)で、オープン化によって100kg分以上も補強した重いボディー(車重1.6トン弱)を活発に走らせるには完全にアンダーパワーでした。また、シフトの感触も今一つコクッと決まらない曖昧なフィールでした。

その一方で、乗り心地は重厚感があってフラットでした。また、オープンカーにもかかわらず段差を越えてもブルブルしないボディー剛性には感心しました。しかし、このサイズのオープンカーに期待するような軽快なハンドリングでは無かったのも事実です。

ヨーロッパで安いレンタカーを借りると車種はVWポロやフォード・フィエスタなんかの安い1.3リッターMTだったりするのですが、そういったモデルだと非力なエンジンでもMTを駆使してエンジンをブンブン言わせながら軽いボディーを引っ張る面白さがあります。しかし、今回乗った308CCはボディが重過ぎてそういった楽しさは味わえませんでした。

約1週間、ロンドンからスコットランドへコッツウォルズや湖水地方を巡るドライブの良いパートナーだったものの、N/Aエンジンはボディーに対して役不足でした。日本仕様は直噴ターボのATしか導入していないのは正解です。

スポンサーリンク

シェアする