ANAジャンボ退役記念ファイナルフライト…747が伊丹空港に飛来

2014年1月12日、3月末での退役を記念するイベントの一環で伊丹空港に飛来したANAのボーイング747を見に行ってきました。事前情報によると羽田からのフェリーフライト到着は7:20am頃とのことで、朝一は千里川から見守ることにしました。

朝7時前の千里川。常に航空ファンの姿が絶えない場所ですがこれ程の混雑は初めて見ました。

前日1月11日と翌日13日の新聞記事。

共に、実家で取っている毎日新聞大阪版からの切り抜き。

伊丹空港は騒音の問題から2006年以降は4発機、つまり747の乗り入れは原則として禁止されており(政府専用機やエアフォースワンの飛来はあります)ANAのジャンボが来るのは久々のことで、また、これが最後でしょう。

先ず降りて来たのは787。露払いですな。

そして本日の主役、747が降りてきます。

静かな787の後ということもあったと思いますが、ズワ~ンと飛び越えてゆく747の迫力には圧倒されました。

この後は、遊覧フライト着陸後に放水セレモニーが行われることを期待し、スカイパーク側に移動しました。トイレや自販機が有りコンビニも徒歩圏。長い一日のスポッティングには申し分ありません。

尚、今回は早朝から豊中の実家→千里川→スカイパークまでカミサンが運転手を務めてくれました。こんな理解ある嫁さんを貰った私は幸せ者です。

到着した747は、初めは北側に駐機。その後はトーイングされ格納庫前に展示されました。

この日のイベントに合わせたのか、ANAは朝からゆめジェットを飛ばしたり…

モヒカンジェットが降りてきたりもして楽しませてくれます。

747の遊覧フライトは14時発。かなり時間が空くので流し撮りの練習などで時間を潰します。

周囲のマニア諸氏が「まおちゃん」と言っているので一体何だと思ったら、これでした。

モヒカンジェットも離陸して行きました。

JALはスペシャルペイントや機材が多様ですな。

こちらは浦安ネズミーランド30周年の記念塗装。

ジャンボの飛行は14時。まったりとした暇な時間が続きます。

熊本行きの天草エアライン。

8チャンネル=関西テレビの取材クルー。

格納庫前でのイベントを終え、747は昼過ぎにトーイングされてスポットに移動。

そして14時。白煙を上げながらジャンボのエンジンに火が入ります。

ターミナル側の展望デッキは人でびっしり。あちらサイドも「公園側、エラい人出やな」って言っていたことでしょう。

ま、昨今の航空祭の混雑を考えれば余裕です。

ゆっくりとタキシングしてゆきます。

滑走路手前でかなり待たされた後、漸く離陸滑走を開始。

流し撮りですか? この場面、私のヘボな腕でそんなリスキーなことしません。

昆陽池ターン。

遊覧飛行は1時間ちょっとの予定。合間にまた流し撮り遊び。

ジャンボが戻って来ました。全日空747が伊丹に降りるのはこれが本当に最後。

滑走路を使いきるような感じでスムーズ&優雅に速度を落としていたように見えました。

そして、期待通り放水セレモニー。

私が初めて乗った飛行機はまさに「全日空」(”ANA”という呼称以前の時代)の747、鹿児島→伊丹便でした。モヒカンカラーだったことを鮮明に記憶しています。私は当時小学4年生、夏休みに家族で行った南九州旅行でした(九州へは大阪==>宮崎へ寝台特急「彗星」で行ったのも良き想い出です)。

そういった追憶も相俟ってANAジャンボの伊丹ファイナルフライトは感慨深いものがありました。

余談ながら先日、女満別==>名古屋便に乗った際、機内販売に『FINAL 747 フィギュアキット』なるものがあり、中身はトリトンブルーとモヒカンカラーのジャンボ2機セット。3,000円也。これはおっさんホイホイですな。ついつい購入。

買う時にCAさんから丁重に「プレゼント用のラッピングを致しましょうか?」とのお言葉。「俺が欲しくて買ってるんだよ、悪いか?」とは言わず、「ご親切にありがとう。結構です」と笑顔で返しておきました。

スポンサーリンク

シェアする