小松基地航空祭…空港ターミナル側から観覧

今年も小松基地航空祭に行ってきました。前日土曜日は晴れ時々曇りだったのですが残念ながら航空祭当日は青空ゼロの曇天。まあ、去年のように雨は降らず、ブルーの展示飛行もフルショーで行われたので良しとすべきでしょう。

今回は混雑する会場は避けて空港ターミナル側の芝生エリアから観覧しました。買い出しやトイレはターミナルビルに行けば済むし航空祭終了後はシャトルバスを延々待たずにサクッと撤収できて快適でした。

朝一の小松空港

ターミナル展望デッキにて。

ショーセンターに並ぶブルーのT-4が見えます。

展示機はお馴染みの顔触れ。

オープニングフライトに向けてF-15が次々に上がって行きます。

民間機の朝のフライトはANAの羽田便から始まります。

良く見るとPさんが手を振ってくれています。

色調が同じANA機とブルーの編隊飛行を一度見てみたいものです。

10分後にJALの羽田便も離陸。展望デッキはランウェイ側しか見えないのでこの後は芝生エリアに移動しました。

ターミナル側芝生エリア

こんな感じの場所です。周辺は街灯が多数有ったり、ブルーの飛行展示についてはターミナルビルに遮られて見えない課目があったりもします。

柵越しに着陸機を見れますがランディングやテイクオフは見えません。

しかし、特にF-15の機動飛行(特に背中)は会場側よりも近いので、航空祭リピーターの方なら時には趣向を変えてこういった場所で観覧するのも良いかも知れません。

F-15・F-2の機動飛行

F-15の8機編隊。

間隔が近く見事に揃った隊形。素晴らしい。

AIR DOが離陸後、イーグルの機動飛行が始まります。

続いては岐阜からのF-2。遠いっす。

2機のイーグルが離陸。

10時のJAL羽田便が離陸。

直後にANA羽田便も離陸。

羽田便離陸後、5機のイーグルが次々に上がります。

5機編隊でのフライパス。ちょっとロシアのSu-27アクロチーム・ロシアンナイツを彷彿させる編隊。フレアは撒きませんが。

ひらひらとブレイクして着陸。

5機が着陸して午前のプログラムは終了。この時点で時刻は11時。午後のブルーの展示飛行は13時過ぎなので2時間以上の昼休み。

昼休み長いぞ

11:30頃にANAのゆめジェット(航空祭に合わせてアサインされた?)が上がるのを見送ってターミナルビルに入り昼を食べたりして時間を潰しました。

地元児童の絵画展をやっていました。

独特の画風も有れば…

機種の選択が渋い子もいます。

個人的にはCargoluxの作品に一票投じます。

ブルーインパルス

ブルーはフルショー(「第1区分」って言うんですかね)を行いました。曇り空だっただけにこれは期待しておらず、何だか得した気分でした。

離陸後に旋回し、会場へ進入してゆく1~4番機が我々の真上をパスしてゆきます。

こういった天気だとやはりカラースモークが欲しく感じますね。

キューピッド。曇天バックで見辛いですが…

ビシッと揃った隊形。惚れ惚れします。

ボントンロールはターミナルビルのほぼ真上でした。

上向き空中開花~スタークロス。

スタークロスは、標準ズームのワイド端では収まりきりませんでした。尚、今回もワイド系はカミサンの撮影です。

タッククロスはこんな感じ。

私は場所をずらして街灯を避け、望遠で何とか撮影。

コークスクリュー。やはりこれも会場から見てこそ映える課目です。

芝生エリア近くは物流会社の倉庫があり、休日出勤(?)している社員さんが敷地内から見物していました。役得ですな。

金沢グルメ

小松航空祭の楽しみは金沢で味わう海の幸。うちのカミサンはこれが楽しみで毎度付き合ってくれている感もあります。

我々が毎度行くのは飲兵衛ストリート「木倉町」にある源左ェ門という店。

突き出しだけで軽く一杯いけちゃいます。

日本海の幸。

地酒も豊富にあります。

香箱ガニ。結構いい値段するのですが、これが絶品。

びっしり乗った身の下には蟹味噌と卵が詰まっています。

これがあるので天気予報が微妙でも取り敢えず金沢には行き、航空祭は晴れたら超ラッキー、曇ってもフライトキャンセルにならなければまあOK、雨が降ったら…、「今年も美味しい海の幸食べれて良かったね」と割り切れるのが小松基地航空祭の良いところ。

参考まで、金沢市内から小松空港まではリムジンバスで40~50分、料金は片道千円ちょいです。

スポンサーリンク

シェアする