Nikon D800Eを購入…やはり異次元の3600万画素の世界

D800Eと、万能フルサイズレンズとしてAF-S 28-300mmを買ってしまいました。私にとっては初めてのフルサイズデジタル一眼です。

購入価格は以下の通り、もうヤケクソの38万円コースです。

D800E・・・296,800円
AF-S 28-300mm VR・・・84,200円

いつもの金色の箱。
最近は開ける時に高揚感よりも罪悪感を感じるようになってきました…

相変わらず高倍率ズームが好きな私です。

覚悟していたものの、やはりデカくて重いです。この組み合わせで1.8kg。

モードの操作系は以前愛用していたD300と同じタイプ。
D300を買った当初は慣れるまで戸惑いましたが、一旦慣れるとファインダーを覗いたまま直感的に操作できる優れた配置です。今回は2時間ほど使っていたらD300の感覚が蘇ってきてスムーズに使えるようになりました。

高級機の証(?)、丸いファインダーとアイピースシャッター。

レンズの方は、まだ新品で馴染んでいないのか、ズームリングの動きが少々スムーズさに欠けるように感じます。

こういったフィルム時代からのレンズをそのままの画角で使えるのは嬉しいですね。

早速試写してみました。

ブログサイズだと伝え辛いですが、やはり凄い解像感です。

上の写真から真ん中の家を切り出したものです。

高画素数について多く語られるD800ですが、これまでAPS-Cフォーマット機を使っていた私からするとやはりフルサイズのボケは新鮮です。

この写真ではf8まで絞っているますが、やはりDXフォーマットより格段にボケます。

単に画素数の多さだけでなく、AF性能やシャッター音、操作の感触など、カメラとしての基本性能がしっかりしているので撮っていて楽しいカメラです。

D400が中々発売されないので痺れを切らしてD800Eを買ってしまったのですが、深く満足しています。

スポンサーリンク

シェアする