レクサス IS250 … ワイパーのオート機能を解除

IS250のワイパーにはAUTO機能が付いていて、降雨量をセンシングして”最適な”速さでワイパーが作動するようになっています。また、AUTOでの感度は+/-で調節できるようにもなっているのですが、どうもしっくりしません。

小雨なのに頻繁に拭くのでマイナス方向にセットすると、今度はかなり雨滴が付いてからでないと動作しなかったりして、「エエイッ!もう自分でやるわい!」と、自分で都度レバーを動かしたりすることもある始末です。

これがセンサーユニットでしょう。ライトON/OFFのAUTO機能もこの部分のセンサーで検知しているのかも知れません。

フロントガラス内側のセンサーが光学的に雨滴量を検知しているようです。

そんな中でネット検索していたら、どうもディーラーでAUTOを解除できるような情報を発見したので先日の6ヶ月メンテの際に相談してみました。結果、AUTOを解除して普通のダイアル調整式の間欠に設定変更することができました。

特に工賃なども取られず、点検・メンテのついでに作業してくれました。結果は成功。やっぱり、こういったAUTO機能のアルゴリズムを万人の感覚に合わせるのはまだまだ難しいようで、自分でインターバルを調節する方がしっくりします。

ただ、一つ落とし穴がありました。今までは”AUTO”の次の”LO”(普通の速さでの連続作動モード)で停車すると(速度ゼロになると)自動的に間欠モードになったのですが、設定変更後は停車してもずっと連続作動のままになってしまいました。

ま、これは自分でレバーを間欠に合わせて凌ぎますわ…

スポンサーリンク

シェアする