静浜基地航空祭(2) …F-2, F-15, T-7の「富士山」編隊

前回に続き、静浜基地航空祭での飛行展示です。

外来機のフライト …F-2 & F-15

F-2

岐阜基地から飛来した元XF-2。試作4号機だったかな。

量産タイプとは異なり機体下面が白く塗られています。

ベイパーに陽が当たって虹色に光っています。

翼端からプカプカと丸いベイパーを曳きながら帰投。

F-15

増槽を3本ぶら下げ、小松から旅装束での飛来です。

昨年の浜松では会場のファン一同、「何かあったの…?」といった感じの元気の無いフライトだったF-15でしたが、この日はいつも通りの力強い飛行を魅せてくれました。

イーグルがカラスにロックオン。

タッチ&ゴーの実演。接地はしませんでした。やれと言われれば出来るものの色々と面倒な手続きや規定があるのでしょう。

約15分の飛行でした。A/Bガンガン焚きながら低空での機動飛行、燃料は増槽1本分位は(or それ以上)使ったのでしょうか。

外来機のフライト …C-130 & UH-60

C-130

小牧からやってきたイラク派遣仕様のC-130スカイブルー。

そうこうしている中、T-7がどんどん離陸します。

UH-60

浜松の所属機だったかな。離陸したT-7が隊形を整えている間に救難デモを披露してくれました。

救難ポイントの目印としてピンクの発煙筒が焚かれます。

任務ご苦労様です。我々一般市民も何か有ればお世話になるかも知れない、空自では最も身近な存在で、且つ、大変なミッションと思います。

地上の草が思い切り舞い上がった場面は見応えがありました。

T-7大編隊

10機による大編隊。

先ずはオーソドックスなデルタ隊形。

この時間帯だけ空に雲が広がったのは残念でした。

地元、焼津漁港に因んだ、魚の形(マグロって言ってたと思う)の隊形。

そしてハイライトは富士山形隊形。見事です。

ひらり、ひらりと離脱して着陸に向かいます。

~~ 昼休み ~~

可愛く三色そぼろ弁当を食べる私です。

午後のフライト

航空祭の中には午前・午後フライトの間が2時間近く空いてしまう所もありますが、静浜は1時間も空けずに午後のフライトが始まります。

「警部」が操縦する静岡県警のヘリ

昼一に飛んだのは静岡県警のヘリ。イタリアのアグスタ製だそうです。今は資本関係は無いようですが、「アグスタ」と言えば一世を風靡したスポーツバイク、MVアグスタと同じ源流のメーカーですな。

会場のアナウンスで紹介されたパイロットが”○○一等空尉”などではなく、”○○警部”というのが新鮮でした。

このヘリは静浜基地に隣接するヘリポートをベースにしています。

T-7の展示飛行

初等練習機なので迫力はありませんが、昼飯の後、再び広がった青空を軽快に飛び回るT-7を眺めるのは優雅なひと時でした。淹れ立てのコーヒーがあれば最高だったでしょう。

ブルーインパルス編に続きます。

スポンサーリンク

シェアする