大韓航空・名古屋~仁川…往復ビジネスクラスにアップグレード

いつもの利用しているNH941・942便が取れなかったので先週末は久々に大韓航空で韓国に行ってきました。今年6度目の訪韓です。

マイレージの関係もあって愛用しているANA便を取れなかったのは不本意でしたが、久々に747に乗る良い機会なので実はちょっとワクワクしていました。しかも、何と往復共にビジネスクラスにアップグレードしてもらうという幸運があって、ジャンボに乗ったこと以上に嬉しいフライトでした。

久々のジャンボ搭乗

前回のジャンボ搭乗はいつだったのかと考えてみたら、丁度1年前、出張でANAのパリ便を利用した時以来でした。今回は短距離路線ですが、やはり747は国際線の花形、こういった機材に搭乗するのは心躍るものがあります

PRESTIGEのパスをもらったものの流石にラウンジ利用は不可でした。まあ、セントレアに着いた時間が7:50頃、ボーディングは9:00だったので元々ラウンジに行く時間はありませんでした。

シートピッチや座り心地は従来型のCLUB ANAによく似ています。基本構造やメーカー(小糸工業製?)が同じなのかも知れません。

モニターはJALと同じ方式で前のシェル背面に埋め込み式。タッチパネルで操作もできますが、画面をタッチするにはベルトを外さなければならないので素直にリモコンを使いました。

右前方に見えるのが今や珍重すべき(?)階段。一度A380にも乗ってみたいものです。A380はANAが導入を検討していた時期もあったようですがその後どうなったのでしょう。

機内食はチキンとシーフードの串焼きを選びました。野菜の火の通し加減が機内食としては中々絶妙で美味しくいただきました。

朝のフライトでしたが折角のビジネスクラス、恒例の「泡泡酒」を飲みたかったのですが、シャンパンはおろか白ワインも無し。ワインは赤のみのチョイスしかありませんでした。しかし、丁度解禁直後で旬のボージョレヌーヴォーで味も良かったので十分満足でした。しかもマメに目を配ってくれる親切なCAさんが勧めてくれるまま、朝っぱらから3杯も飲んでしまいました。

デザートのフルーツ。柿もあって秋を感じました。この柿のお陰でしょうか、朝からワイン3杯飲んだのにすぐに醒めました。

飲み食いしているとあっという間に朝鮮半島に差し掛かります。

アップグレードでも荷物はちゃんとプライオリティー扱いにしてくれたので、早々にピックアップして仁川空港を出ることができました。

帰りもアップグレード

まさかと思ったのですが、復路もビジネスにアップグレードしてくれました。と言っても座席だけですが。

シートだけのアップグレードなので平民として搭乗します。

“2010-2012 VISIT KOREA”…と言われなくても散々行ってまっせ。過去3年間の訪韓回数は20回以上だと思います。

機内食は完全にエコノミー。
味の薄い散らし寿司。薄くてぬるい味噌汁が悲しい。

まあしかし、日韓路線の機内食に期待してはいけません。むしろKALは頑張っている方だと思います。ANAなんかはボソボソのサンドウィッチだったりするので最近はパスしてます。

復路は2階席でした。中々無い機会なのでこれは嬉しかったですね。

1階と違って天井が機体の形に沿ってカーブを描いていたり、地上では外を見るとやはり2階らしい高さを感じたりして独特の雰囲気があります。

自腹でビジネスに乗ろうと思わない2時間弱の日韓路線で、また、帰りは座席のみのアップグレードでしたがやはり嬉しいものです。特に、久々にジャンボの2階席に乗ったのは貴重な時間でした。

スポンサーリンク

シェアする