韓国オサン(烏山)基地エアショー 2010…韓国空軍 ブラックイーグルス

2010年在韓米軍オサン基地エアショーでの韓国空軍アクロバットチーム、ブラックイーグルスの展示飛行です。

ついにブラックイーグルス専用機(T-50B)が登場しました。しかし、8機一斉の導入ではなく、今回は通常仕様×4機とブラックイーグルス専用機×4機という変則編成でした。

全機揃わなくても投入しちゃうところに韓国らしいケンチャナヨ精神を感じます。

1~3番機の離陸。

4~6番機。

7 & 8番機。

隊形を整えた8機が会場上のパスして挨拶。

序盤は隊形を変えながら8機による編隊飛行。

専用機を1~4番機ではなく5~8番機に割り当てているのはスモーク発生装置を搭載しているからということですね。

カラーが混在しているますが、これはこれで悪くないかも。芦屋基地航空祭で赤白のT-4とブルーインパルスの編隊飛行を見てみたいですね(勿論、アクロをやれという意味ではありませんよ)。

カリプソ。もうひと頑張りして欲しいですが、昨年のソウルエアショーで見た時よりも間隔が近くなったような気がします。

アパッチロールも、昨年のソウルよりも旋回半径が縮まったように感じます。

1~4番機がループからコンバットピッチ。

こういった場面では翼端スモーク式だと機体の傾きが分かり易くて見栄えします。

しかし、やはりスモークの豊富さは歴然と違います。

まだクロスのタイミングが掴めません。

流石はA/B付き超音速機。激しいマニューバでは背面からベイパーが上がります。

ボントンロールは中々しっかりタイミングが合っていました。

ウェッジブレイク。

下向き空中開花。

今年の12月には全機が専用機で揃うそうなので混成でのフライトは期間限定。貴重なフライトを見れたと満足しています。

昨年のソウルエアショーで見た際はチーム再結成直後だったこともあって演技の間の長さや、各機の間隔の広さが目に付いたのが正直なところでした(しかもサンダーバーズが飛んだ後の飛行でした)。

しかし今回は見違えるように演技のテンポや切れ味が良くなっていて驚かされました。T-50を導入して未だ1年そこそこなので、今後更に技に磨きをかけてくれることは間違い無いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする