韓国オサン(烏山)基地エアショー 2010…A-10, F-16のデモフライト

オサン基地はソウルの南約40kmに位置しています。ということは38度線からの距離もそう遠くは無い訳で、地上軍に対する攻撃力の高いA-10攻撃機も配備されています。

巨大な機関砲と、それを避けるためにオフセットしているノーズギア。

機体横に機関砲、そしてドラム型のマガジンが展示されていました。

A-10のデモフライト

大きなターボファンエンジンを機体後部にドンと積んでいたり主翼が分厚かったりするので鈍重そうなイメージを持っていましたがとんでもない。軽々とロールしたり宙返りまでしたりと、兵装無し状態とは言え、実は高い運動性があるところを見せつけました。

万一の胴体着陸の際にダメージを減らすため、主脚は少し出た状態で格納されるようになっています。

音は静かで、小型ジェット旅客機並といった感じでした。

デモフライトを終えて着陸し手を振るPさん。あの~、思い切りこちらを見ながら両手離してますね…

午後の攻撃デモ。フレアをバンバン出して旋回します。

敵に攻撃命中し爆発炎上(という演出)。破片まで飛び散って、派手に爆発してます。

2日目の帰途、駅に向かって歩きながら撮影。

平和な田んぼの上を攻撃機が飛ぶのはエアショーの時だけであって欲しいものです。

F-16のデモフライト

午前中飛んだのはワイルドウィーゼル機でした。

午後、アフターバーナー全開での離陸。増槽と模擬弾を積んでいます。この後、A-10との連携でコンバットレスキューのデモを行いました。

>U-2のデモフライト編に続きます。

スポンサーリンク

シェアする