【防湿庫を購入】東洋リビング ED-140CDB…撮影機材の守護神

撮影機材が増えるにつれて梅雨時の湿気がいよいよ恐ろしくなり、思い切って防湿庫を購入しました。店頭で色々と現品を見たりした結果、機種は東洋リビングのED-140CDBに決定。価格コムなどで検索し、カード決済できて価格もほぼ最安値だったデジカメオンラインから購入。43,000円を少し切る程度でした。

巨大な梱包で到着。自分の背丈よりより大きなものが突如届き、小学校から帰宅した娘は絶句していました。

早速設置。予め配置を考えて寸法を選んだのですっきり収まりました。

骨董品を安置。

スポンジシートが畝になっている段がありレンズを寝かせて収納します。

右上には湿度・温度計が付いています。この湿度計と除湿ユニットは連動していませんが除湿ユニットは中々正確に制御されているようで、湿度計の数値が少し上がるとすぐに作動します(作動中は除湿ユニットの赤いLEDが点灯します)。


 
尚、当初は40%を少し切るぐらいに設定していましたが最近は35%程度にセットしています。

温湿度計の精度を調べるべく、会社から業務用の温湿度計(その名も「おんどとり」)を持ってきて中に入れてみました。

  • 湿度計: 防湿庫 43%  vs  おんどとり 42%
  • 温度計: 防湿庫 27.6℃ vs おんどとり 27.7℃

どちらの精度がより正確なのかは断言できませんが、二つ共揃って測定値が外れる可能性は低く、防湿庫側の温湿度計の値は信用しても良さそうです。

※開閉したので湿度が高めになっているが普段は湿度35%程度です。
※※コンデジでガラス越しに撮ったのでピンボケです。

感想
  • 作動音が無いのでリビングルームに置いていても問題や違和感はありません。
  • 開閉しなければ除湿ユニットが作動している時間は短いようで電気代は余りかからないと思われます(メーカーによると1日1円程度とのこと)
  • 一旦60~70%に湿度が上がっても数時間で40%以下まで下がるので除湿力は十分と感じます。
  • ドアの開閉など、作りはしっかりしており長年使えそう。
  • 全体の質感からすると、定価66,800円、実売4万円代前半というのはちょっ割高に感じたりもします。

4万円以上払って「収納庫」を買うのはやや躊躇しましたが、撮影機材が増えてくると防湿ケースにシリカゲルを入れて管理するのにも限界があり、また、大切な機材がしっかり湿度管理されていないのは精神衛生上よろしくないので、思い切って購入してよかったと思います。

スポンサーリンク

シェアする