116iで事故に遭遇…バンパーは大破、フェンダー・ボンネットが変形

一昨日の会社帰り、もらい事故に遭ってしまいました。このところ116iに関するトピックが特に無くてブログに書くこともありませんでしたが、久々のポスティングがこんな話題というのは残念です。

事故の状況

  • 当方は片側2車線、中央分離帯有りの道路を時速60kmほどで直進していた。
  • 対向車線の右折レーン2番目で待っていた相手方が、右折する1台目に続いて強引に右折。1台目でも強引気味の右折で、当方はブレーキを踏むようなタイミングだった。
  • 事故直後の会話では「すみません。何となく前の車に続いて進んでしまいました…」と素直に謝りながら話していた。
  • こちらもノーブレーキではなく、咄嗟にABSが作動する程フルブレーキを掛け、左に回避するも避けきれず、相手方車両の左前輪あたりに衝突。衝突時は恐らく20~30km/hまで減速していた。
  • 相手方の車種はライトエース。会社の営業車でリース車両。当然任意保険には加入している。
  • 幸い、双方怪我は無かった。

典型的な右直事故ですな。相手はその場で非を認めて謝罪してはいたものの、こちらも交差点を直進しようとしていたので、一定の過失割合は認めざるを得無さそうです。まあ、完全に停止している状態でぶつけられた訳ではないので、ここは僕も反省すべきでしょう。

被害状況

こんな感じですわ…

左フロントが大破。バンパーが垂れ下がり、ガムテープで固定しないと走れません。キドニーグリルは無残に吹っ飛んでしまい、ラジエーターが丸見えです。

ホイールハウスの内側パネルも垂れ下がっています。ライトもブラブラになり、ウィンカーはケーブルが切れて点灯しません。

フェンダーとボンネットは先端が変形しています。

尚、エアバッグが開くほどの衝撃ではありませんでした。

早速修理に預ける

昨日、のろのろ自走しながらディーラーに預けてきました。

サービスマン氏の見立てだと、バンパー、ライト、ボンネット、フェンダーを丸々交換することになるだろうとのこと。保険でカバーされるとは言え、一体幾ら掛ることになるのでしょうね。

因みに、BMWの外装部品は無塗装の状態で日本のパーツセンターにストックしてあり、修理段階でその車の微妙な色調に合わせて都度塗装するのだそうです。

いずれにして、双方怪我が無かったことと、相手が保険にも加入していないようなややこしい輩(DQN)でなかったのは不幸中の幸いでした。

修理が完了したらまたご報告します。

2月20日、修理完了しました。
スポンサーリンク

シェアする