ロンドン家族旅行⑤…ロンドン最古のレストラン・ルールズ (Rules)

ロンドン旅行という貴重な機会なので、前々日のシンプソンズ イン ザ ストランドに続き、この日はルールズでディナーを楽しみました。雨が降っていたのでホテルからはタクシー(勿論ロンドンタクシー)で向かいました。そして、店に着くと霧雨の中にクリスマスのイルミネーションが幻想的に輝いていました。

金色に輝く”LONDON’S OLDEST RESTAURANT”の文字。

創業は1798年。窓に輝くのは1998年にBICENTENARY=200周年を祝ったものです。

シンプソンズ同様、公式サイトから予約可能ですのでリンクを貼っておきます。

予約していた時間より早く着いてしまったのですが、雨も降っているし寒いので入店することにしました。

すると、「よろしければ2階のバーでお待ちになりますか?」 とのことで、先ずは軽く一杯飲むことにしました。私が飲んだのは柑橘類の皮のフレーバーが効いたリキュール。この時点で既に、丁重だけどフレンドリーな素晴らしく洗練されたサービスと重厚な雰囲気に圧倒されていました。

バーで待ちますかと聞いてくれた時に”We have a lovery waiting bar.”と言っていた通り、落ち着いた居心地の良い空間で、席が準備できてレストランのテーブルに移る際にはもう少しここで飲んでいたい気分でした。

因みに、バーからテーブルに移る際はちゃんと飲み物をテーブルまで持って来てくれるので慌てて飲み干す必要はありません。

テーブルに着き、この日もシャンパンで乾杯。

カミサンが選んだアペタイザーは牡蠣。私も食べたいのですが過去に何度も中ったことがあるので涙を飲んで我慢。

私が選んだのは、蟹の身に蟹味噌のペーストが添えられた蟹のレモンマヨネーズ仕立て。

失礼ながらイギリスでこんな繊細な味に出会うとは思いませんでした。蟹味噌とレモンマヨネーズのバランスが絶妙で素晴らしく旨い。絞るときに汁が飛ばないようレモンはちゃんとガーゼ状の薄い布で包まれています。

娘は鹿肉のパテを選んだのですが、子供にはちょっとクセのある味だったようです。「この風味が旨いんだけどなぁ~」と言いながらカミサンと私で平らげました。

美しく盛り付けられたパン。

こちらはパテに添えられていたライ麦パン。

ここでもメインはローストビーフ。焼き加減は娘の好みもあってレアにしました。

シンプソンズとは違い、噛み応えのある肉の旨みをしっかり味わうタイプ(カタいという訳ではありません)。肉質だけの比較ではシンプソンズの方が上かも知れませんが、こちらも十分満足できるものでした。

グレービーソースとホースラディッシュ。

ここのヨークシャプディンは薄いパイ生地のような感じ。それにしてもデカい。

イギリス料理にポテトは欠かせないのでしょう。付け合せに出てきたのは少しニンニクが効いたマッシュポテト。カミサンは大変気に入ったようで、帰国後にこれを真似たものを家で作ってくれました。

これだけ食べると満腹、ここでも付け合せまでは完食に至りませんでした。

歴史に裏付けされた重厚さはあるが堅苦しい訳ではなく、独特の居心地の良い空間でした。お客が料理と会話を楽しむ中、店内をウエイターが忙しくキビキビと動いていて高級なビストロといった感じ。ゆっくりリラックスしてディナーを楽しむことができて大満足でした。

ヒビの入った古いガラスなどがそのまま保存されています。

RULE’Sの下に”TURTLE SOUP”と書いているのは、昔は亀のスープも出していたのだろうかと後日調べてみると、イギリスでは19世紀頃に亀のスープが流行したことがあったそうです。

シンプソンズも良かったですがこちらも素晴らしかったですね。特にシンプソンズの柔らかい仔牛のローストビーフは一食の価値ありなので甲乙付けるのは難しいですが、個人的に総合点ではルールズに軍配を挙げます。と言うか、そもそも両店は比較する類のものでは無く、その時にどんな雰囲気のレストランで何を食べたいのかによって選ぶべきものなのでしょう。

因みに、男性ならジャケットぐらいは着て行った方が良さそうです。私は一応ネクタイも締めて行きました。

ここでも最後に勘定の話。3人合計で190.91ポンド=カード会社の請求は28,708円でした。シンプソンズより1万円程高かったですが、バーで飲んだり、アペタイザーはシェアせず各人がオーダーしたりしたのでこちらもリーズナブルだと思います。

スポンサーリンク

シェアする