一宮の鉄道模型カフェ 「浪漫」 に行ってみた

うちの職場には鉄道マニアが数人居て、また、私も特に中学生頃までは「鉄道ファン」誌をちょくちょく買ったりしていたので話しに花が咲くことがあります。

その中で話が出たのが、「一宮に鉄道カフェなるものがあるらしい」という噂でした。で、ネットで調べてみると確かにあるようなので行ってみました。

「鉄道模型カフェ 浪漫」、商店街を端まで行った所にありました。

自分の車両を持ち込んで走らせることもできるし、車両を持っていない人は店の車両を走らせることもできるそうです。

やはり鉄分の濃いお客さん達。

車両以外、レイアウトはオーナーの手作りだそうです。素晴らしい。

競馬場は一宮からも近い岐阜の笠松競馬場をモデルに作ったそうです。

機関区。とてもよく出来ています。

山もあります。左上の橋は碓井峠のメガネ橋だとオーナーの方が説明してくれました。

コーヒーを飲みながら模型が走るのを観賞する、マニアには至福のひと時でしょう。

漁港もあります。

神社に咲く桜。

濃ゆーい雰囲気の凄い空間でした。
またの機会に、模型ならではの独特の空間をじっくり撮ってみたいですね。

スポンサーリンク

シェアする