2009年 小牧基地航空祭でブルーインパルスのウォークダウンを見る

昨日10月10日は小牧基地の航空際に行ってきました。我が家から自転車で40分程で行ける、有難い航空祭です。

今年の春先に購入したAF-S 70-200mm f2.8 VRでは未だ民間機しか撮ったことがなく、航空祭に投入するのは初めてでしたが、小牧は市街地にある空港なので激しい機動飛行を行う訳でもなく、練習試合といったところです。今回は万能レンズの18-200mm VRとの二本体勢で臨みました。

今年は小牧基地50周年、ブルーインパルスが展示飛行を行う話もあったようですが、近隣住民の反対もあって見送りになったとのこと。誠に残念です。

50周年ということもあってか楽隊によるセレモニーもあり、びきびした凛々しい動きは見事なものでした。

人が少なくて展示機をゆっくり見れるのも小牧航空祭の良いところです。

新鋭のKC-767空中給油機も展示されていました。

給油用のブーム。燃料を満載すると最大でF-15を15機満タンにできるそうです。

それほど並ばずに機内を見ることも出来ました。人員輸送用にシートが取り付けられた状態です。旅客機のエコノミーより更に狭く、窓も埋められていて外も見えないので、これに長時間乗る隊員さんは大変ですね。


シートベルトが民間機と違ってタスキ掛けになっています。

小牧といえばC-130輸送機。

こちらもC-130。

展示飛行は行わなかったブルーインパルスですが、岐阜基地に向けて離陸する際はウォークダウンを披露してくれました。

手信号でやりとりしながらエンジンに火が入り、出力が徐々に上げられてゆきます。

背後でJALのCRJが離陸してゆきます。

小牧の航空祭は他に比べて観客が少ないので最前列から余裕で見ることが出来ました。

エンジンの排気がギャラリーまで吹き付ける距離。ビュービューと結構な勢いでした。

ビシッと揃った隊形で離陸。

こちらはT-4を模した滑り台。

F-15、T-4、T-7の混成飛行。

帰投するF-15。この時間帯になるとかなり逆光になってきます。

明日は岐阜基地の航空祭。中部地区の航空ファンは忙しい週末です。

スポンサーリンク

シェアする