デトロイトでメジャーリーグ観戦…岩村選手の活躍でレイズが勝利

アメリカ出張の途中、デトロイトで週末を過ごしました。デトロイトは観光スポットが少なく、ゴルフをしない私は毎回時間潰しに困るのですが、今回は現地の取引先の方がMLBのチケットを取ってくれたので、Tigers vs Raysの試合を観戦してきました。

タイガースのホームグラウンド、COMERICA PARK。あちこちに虎がいます。

中にはちょっとした遊園地もあって家族連れが楽しんでいました。
観覧車は野球ボール形です。

球場はデトロイトのダウンタウン中心部にあります。奥に見える高層ビルはGM本社でもあるルネッサンスセンターです。試合のある日はポリスだけでなく軍まで出動して警備していますが、普段は全米でも有数の治安の悪い都市なので注意が必要です。

球場へはレンタカーを運転して行きました。モータウン・デトロイトなので、周辺に駐車場は豊富にあります。

前日までは雨で寒かったですが当日は好天に恵まれました。

この日はレイズ・岩村選手の復帰初戦でした。

頑張れ岩村!

打った!

ホームインする岩村。

ゲームは両チーム共にピッチャーが好投して投手戦に。レイズのピッチャーは終盤まで90マイル以上(見た中での最速は96マイル=154km)の速球をコンスタントに投げていて見事でした。

矢鱈とエキサイトしていたデトロイトのトラキチ少年。

ホテルに戻りネットのニュースで見たゲーム内容は以下の通りでした。

岩村、安打で自ら復帰戦祝う!2得点で勝利に貢献

2009年8月30日 8時11分配信 サンケイスポーツ

 左ひざの手術を受け、故障者リスト入りしていたレイズの岩村明憲内野手(30)が、29日(日本時間30日)にメジャー復帰。同日行なわれた敵地デトロイトでのタイガース戦に「9番・二塁」で先発出場し、2打数1安打2四球の大活躍を見せた。チームは3-1で勝った。

いきなりの一報に「このときを待ってたのは当たり前ですが、まだだろうな…とも思っていたので、正直びっくりでした」と自身の公式ブログで心境を綴っていた岩村だったが、復帰戦ですぐに結果を出してみせた。

復帰後最初の打席となったのは三回の先頭打者での場面。タイガース先発左腕のロバートソンの2球目を右前に運び、復帰即初安打をマーク、その後先制のホームを踏んだ。岩村の右前打が口火となり、レイズはこの回2点を先制。六回と九回にも四球を選び、九回の四球ではクロフォードの犠飛で生還。貴重な3点目のホームも踏み、この試合2得点の活躍でチームの勝利に大きく貢献した。

ヒットが中々出ない投手戦だったこともあって球場の雰囲気は今一つ盛り上がりませんでしたが、岩村選手が所属するレイズが勝ったので私は心情的には喜びながら球場を後にしました。

スポンサーリンク

シェアする