ニコン FE2…中古カメラをソウル・南大門で購入した顛末

去る2月中旬、韓国に行った際にニコン FE2を購入してしまいました。

小生、海外でのショッピングには余り興味は無く、普段は殆ど大きな買い物はしないのですがが流石に最近の円高・ウォン安は激しいので今回は以下の買い物をしようかと考えながら訪韓しました。

1. 冬物コートを買う(今持っているコートは10年前の新婚旅行で買ったものでぼろくなってきたこと、また、 3月のヨーロッパ出張に備えて新しい良いものが欲しい)

2. 予算が合えばTumiの通勤用鞄を買う

3. 更に予算があれば、フィルムカメラを買う(半ば観賞用?)

しかし結局…

1. コート:
2月とは言え、本格的な冬物は既に売り切れて品揃えが乏しかった

2. Tumiの鞄:
やっぱり高い、欲しいモデルは免税店でUS$350以上

3. 中古カメラ:
FE2を買ってしまいました。生活には一番役に立たないのですが。

本当はFM3Aが安く有れば欲しかったのですが、Ai 45mm付だと韓国でも円換算で10万円以上するので断念しました。

南大門周辺のカメラ屋街

龍山(ヨンサン)という所に電気屋街が有り、カメラ店も数多くありますが、南大門(ナムデムン)の中古屋の方が良いような気がします(と言うか、ヨンサンはぼったくり店だらけというイメージ)。

南大門は大きい市場が有って、日本人観光客も多い所です。

どういう歴史的な経緯か分かりませんが、表通りにはカメラ屋が密集していて、中古品の品揃えも充実しています。

私がFE2を購入したのはこの店です。

どの店も、日本語は殆ど通じません。カタコトの英語か、韓国語しか無理でしょう。うちはカミサンが韓国語を話すのでコミュニケーションは大丈夫。値引き交渉もしてくれました。言えば必ず下がるのが韓国。下がらなければ買わない覚悟で、交渉は必須です。

前述の通りFM3Aは韓国でも高いので、FM2やFAを物色していて、結局買ったのはFE2でした。決め手は、露出計もしっかり動いているように見える(その時持っていたD300の測光値とも見比べて確認してみた)、モルトもボソボソにはなっていない(張替え済み?)、外観の雰囲気が綺麗、そして何より、露出計が指針式というのが亡父が使っていたCanon AE-1と同じということにノスタルジーを感じて買ってしまいました。

D300とFE2、新旧ニコンが約25年の経て対面

並べてみると、昔のカメラはコンパクトだったなぁ、と実感します。

機能には関係ありませんが、ペンタ部分の革張りが格好良いと悦に入っています。昔、親父からお下がりで貰ったAE-1を使っていた頃は、この革張りのペンタ部分に憧れたものでした。

キヤノンユーザーに叱られそうですが、造り・質感・所有する喜びはニコンの方が上だと思いますが、最近のD40系などの割り切り方は良い意味でもEOS化しているようにも思います。ちょっと前に自動車業界で、近年のトヨタはホンダ化していて、ホンダがトヨタ化しているような話がありましたが、似たようなものを感じます。

後姿に時の流れを感じます。FE2は背面にスイッチ・ボタンは全く無し。丸いファインダー枠が格好良いですな。それから、巻上げレバーの下辺りにはシリアルナンバーがプリントではなく刻印されていて所有感を満足させてくれます。

FE2のことばかり書いてしまいましたが、D300は如何なる状況でもしっかりした画を出してくれて信頼できるカメラです。これからもシチュエーションや気分によって上手く使い分けて、両方共大切にしてゆきます。

最後に、FE2の値段です。Ai 24mm f2.8との同時購入で大体3万円相当でした。保証も無い中古、しかも海外なので自己責任です。レンズのついでにボディーを買って、ボディーはまともに動けばラッキー、駄目だったらオブジェにするつもりで買いましたが、先日のエントリーで書いた通り正常に動作するようで一安心しています。

スポンサーリンク

シェアする