富士フイルム FinePix F200EXRを購入

ブログには書いていませんでしたが、サブカメラとして使っていたNikon Coolpix P5100を売ってしまいました。

で、最近3週間程はコンデジ無し生活で、何を買うかはゆっくり考えようといった状態が続いていたのですが、今月下旬にヨーロッパへ出張することが決定。操作に慣れるまでの時間を考えるとタイムリミットなので、思い切って昨日、富士フイルムのFinePix F200EXRを買ってしまった。

最後までPanasonicのLX-3にするか迷いましたが、以下の理由でF200EXRに決めました。

  1. 以前使っていたFinePix f810の印象がとても良い(今もカミサンが使用中)
  2. スーツのポケットに無理なく忍ばせることができるサイズである
  3. 最新のSuper Honeycom CCDに魅力を感じた

キタムラで期間限定の「ヤマダ電機価格対抗キャンペーン」をやっていて価格は\34,000、また、下取り機はどんなジャンク品でも無条件で\3,000(実質的には値引き)ということで、支払いは\31,000でした。

因みに、下取り機は近所のリサイクルショップのワゴンに積んでいた\10のボロボロ&ノーブランド品で済ませました。デジタルものなのでこれから価格は更に下がってゆくでしょうが、現時点での価格としてはまずまず満足しています。

この機種はブラックより高級感があるように感じたのでシルバーにしました(と言うか、ブラックが余りにも安っぽい)。

価格comでも皆さん書いていますが、デザインや質感は褒められたものではありません。折角のフジ自信作なのに残念です。

液晶の見易さはまずまずだけど、ファインダーが無いのが不満です。因みに、ニコン P5100はファインダー付きでしたが視野が実像と全然違っていたので使い物になりませんでした。

外観での最大の不満はこのスイッチ類です。プラスチック感丸出しで質感の低いダイヤルは節度感が不足していて、軽く触れても回ってしまいます。

デザインや質感については色々不満を書きましたが、写りに関してはそこそこ期待できそうです。今日は一日中どんより曇った天気だったので、とりあえず家の中で何枚か試し撮りしてみた。

後ろの明暗差の大きい部分やガラスの質感などに、コンデジとしてはまずまずの描写と思います。

派手過ぎないと言うか、ほぼ肉眼で見た通りの色で、ボケも自然です。

まだ載せられるような写真は撮れてませんが内蔵フラッシュは優秀です。ブツ撮りや料理撮りに活躍してくれそうです。

フィルムシミュレーションモード等、遊べる機能も色々あるのでじっくり使いこなしてゆこうと思います。

スポンサーリンク

シェアする