やはり廉価モデル感のある116iのメーター

ビーエムのメーターには、マルチファンクションモニターが付いていて、普段は時刻や外気温、また、燃料残量低下やシートベルト着用などの親切(お節介?)な表示をしてくれます。

今朝は当地では寒い朝で、気温は氷点下でした。気温が3℃以下になると凍結警告の黄色い雪結晶マークが出るのですが、数秒で消えるので写真は撮れませんでした。

↓今朝通勤途中の写真です(116i)↓

↓こちらは前に乗っていた530i↓

液晶のドットの細かさやパネルの質感、機能の多さetc、やっぱり、車両価格に比例して、掛かっているコストが違います。

うちのクルマは廉価版の(それでも新車だと300万円近くするが)116iだから許せますが、同じ1シリーズでも高価な130とかだと、ちょっと安っぽく感じるのではと思います。

近年の液晶はカラーでも安くなっていると思うのですが、自動車は長期間、高温から低温の環境で使われるので、まだカラー液晶だと耐久性が厳しいのかな。

しかし、ナビは以前から既にカラー液晶ですがメーターと何か違うのでしょうか。やはりメーターは安全に直結する部分なので(重要保安部品?)基準が厳格なのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする