ニコン COOLPIX P5100を購入…手振れ補正機能が欲しくて

この数年、一眼レフのサブカメラとしてFuji FinePix F810を満足して使っていたのですが、旅先や出張先で条件が悪い際に手ブレ補正が欲しい場面がちょくちょくあって、色々と物色していました。そんな折、昨日キタムラに行ったらCOOLPIX P5100が期間限定で安く(2万6千円ちょいでSDカードも付属)売っていたので、衝動買いしてしまいました。

探していた条件は…

  1. 手ブレ補正付き
  2. 通勤カバンに無理無く入るサイズ
  3. 光学ファインダー有り

…だったので、CanonのIXYやRICOHのCaplioも考えました。しかし、IXYは何となくプラスチッキーな質感が気に入らず、Caplioは面白そうだけど結構高い等あって、最終的にP5100を選びました。

内容の割りに激安なのでホンマに大丈夫かいな?と心配でしが、何枚か撮った限りでは特に問題無いようです。最近のコンデジの進化はすごいですな。D300のサブカメラとしてガンガン使っていきます。

また、今メインで使っているD300と同じニコン機なので設定メニューが似ていて、購入早々早速違和感無く使えるのも有難い部分です。

純正ストラップは両側から吊下げるネックストラップが付属していましたがコンデジに大袈裟なのは厭なので古いサイバーショットに付いていたものを流用しました。

一眼レフ同様に、頻繁に使う機能は独立した背面ボタンがあって、いちいちメニュー画面から機能選択せずに済むのも気に入りました。

ニコン一眼レフと同じ規格のストロボシューも付いていますが、これはあんまり使わないと思います。

そもそも比較する対象ではありませんが、D300と比べると可愛く見えます。

で、早速使っています。

こういった居酒屋の暗い中でも手振れ補正があると助かります。

トヨタ博物館にて。ホワイトバランスが難しい条件だと思いますが、まずまずその場の色通りに写っていると思います。

トヨタ博物館は海外から来たお客さんを案内するために訪れました。こういったシチュエーションでもP5100程度のサイズなら違和感を与えずに使えるのでD300と上手く使い分けようと思います。

スポンサーリンク

シェアする